「肥満細胞腫」と「神経鞘腫」(どちらも悪性腫瘍)の治療のための3度の外科手術に高額な放射線治療・・・絶対に負けないさくらとママ(飼い主)の闘病記

~PROLOGUE~

 7月のある朝でした。
 その日はとってもお天気の良い日で、大っ嫌いなシャンプーをされていました。
 身体中、泡だらけでシャカシャカされてる時に、ママがあたしの胸の辺りに触れて

 ママ:「ん~~?何これ~~~?さくちゃん、ここに何か出来てるよぉ~!」
 さくら:「え~っ?何ですか?何ですか~?あたし、何ともないんだけど~(汗)」

 そして数日後、針生検(ニードルバイオプシー)による細胞診を経て
 肥満細胞腫(悪性腫瘍)」と診断されたのです。
 かくして、泣いてばかりのママと、絶対負けない私の闘病生活が始まったのでした。


 ■「これまでの経過」 これまでの闘病経過を一覧で提示しています。
 ■「治療費用について」 これまでの治療費用を一覧で提示しています。

リンク参照:児玉どうぶつ病院

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~今日の仕切りはさくらです!~

こんにちはm(__)mさくらです♪
きょうはにちようびなので、1日中ずっとママといっしょです!
うれしいから、きょうはさくちゃんがブログをかきます(>_<)
あさ、おきたらあめふりでした・・・ あああああ~~~さくちゃんのおさんぽがぁ・・・_| ̄|○

でも、お昼前にはあめがやんだので、ママにおねだり!いつもの“西川緑道公園”へおさんぽに♪
って、地面がビショビショじゃん(怒)
さくちゃん、あめに降られるのはへっちゃらだけど、足がドロドロになるのは許せない派なの・・・(´・ω・`)
(それってどんな派ですか^_^;  byママ)

0930-1.jpg
さくちゃん、かえろうとしたらママがあわてて追いかけてきたんよ^m^



おうちに帰ってのんびりマッタリしてたらかあさん(ママのママ)が遊びに来ました!
かあさんは、いつもおみやげ持ってきてくれるんよ~♪

pasta.jpg


さくちゃんの大好きなチーズと、ママのパスタ!
あ~・・・このチーズ、ぜんぶいっぺんに食べたいわ~~~(*´▽`*)
(まさかっ!Σ(゚д゚;)冗談じゃありません!!!(汗)  byママ)
え~~~っ!なんでぇ~!?ママだってこのパスタ全部いっぺんに食べれたらうれしいくせにぃ~・・・・・


ママはいまおくるまがないので、母さん(ママのママ)にお買い物につれてってもらうんだって!
もちろん、さくちゃんだってついていくもんっ!
にちようびに一人ぼっちはぜったいにイヤなんだからっっ!!!

母さん(ママのママ)のくるまは、匂いもクッションもママのとは違うね!
カモノハシさんのぬいぐるみがのってたりしてかわいいね!

0930-1411.jpg
カモノハシonさくら(笑)


って、ママ~!!!なにやってんですかぇ~(怒)
も~~~っ!ちょっと油断したらこれなんだから!!!プンプンッ!
今日はおやつ、奮発してくれなくちゃ、さくちゃんグレちゃうからねっ!!!

0930-food.jpg
と、いうことで豪華版おやつです♪


(先日、マックくんのブログ(のんびりマックの成長日記)にて
 美味しそうな、お月見団子(じゃがいも団子)のレシピをゲットし早速チャレンジするも、
 元来不器用な私のこと。“団子”っていうよりは“ペースト”って感じ^_^;
 で、この週末にリベンジに挑んだわけで・・・^_^;   byママ)


0930-2.jpg


(あはは~^_^; そうでしたそうでした!
 どう?今回はバッチリ!美味しいでしょ!? byママ)


はいっママ!バツグンです!美味しいです!(おかわりほしいです!!!)
まえのがベチャベチャのお好み焼きみたいだったことは内緒にしといたげるからねw
(って、思いっきり言ってるやんっ(汗)   byママ)



0930-8.jpg












クリックしてくれるとさくらもうれしい♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

スポンサーサイト
お昼のお仕事(自宅にてウェブ上で旅行企画・販売)を5時で終え
夕方のお散歩に出かけ、さくらと一緒にごはんを食べたら
夜は8時からアルバイト(落ち着いた雰囲気のラウンジ)です。

聞き分けの良いお利口さくらは、駄々をこねて困らせる様なことはしませんが・・・・・
0928-1.jpg
空気、おもっ(;´д` )

視線が痛いです。そんな切ない目で見るのはやめて下さい(汗)
後ろ髪を思いっきり引かれながらのご出勤・・・
あ~~~・・・働くママってつらい(涙)


でも今日は土曜日!お昼も夜もお休みです!
uresii.jpg
そうよ~1日ずっと一緒にいられるよ♪


も~う、こんなキュートな笑顔みてると(親バカ炸裂!)
仕事どころか、どこに行くのも嫌になっちゃいます^_^;
と、いうことで今日は朝のお散歩もゆっくりいっぱいしようね!
まずは、いつもの“西川緑道公園”に。(にゃんこさんいるかな~?)

0929-1.jpg
いたっ!でもなんだか嫌われてるみたいです^_^;


にゃんこさんに朝の挨拶をしたら、のんびりのんびり歩いて、
ずっと気になっていた“おかやまインターパークス”へ。
平成14年に閉校となった“出石小学校”(私の通っていた小学校です。)の跡地に建設中の
商業、住居などの複合施設。その一角にある“里丘”と称される都市型人工公園が目的地♪

まだ未完成だからか、認知度が低いからか、たまたまなのか誰もいない。
見事に無人・・・人の気配すらしない。完全貸切です♪
0929-2.jpg
お気に召していただけて何よりです^^

立体駐車場の上に、段々畑の様な形で作られた公園なので広くはないけれど
お年寄りわんこにはちょうど良いくらいのスペース!!!
(何より“蚊”がいないのがママはうれしいよ(笑))
最初は初めての公園に警戒気味のさくらでしたが、すぐに慣れて、
あちこちクンクン、クンクン!そしてめずらしく軽く走る姿も!!!












クリックしてくれるとしっぽブンブンよろこんじゃうw人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
さくらがいつもお散歩に行く「西川緑道公園」で、ここ2~3日、いつも見かける子猫さん。
迷子なのか、捨て猫なのか、野良さんなのか不明だけど、何だかとっても元気がない。

昨日の夕方のお散歩の時には公園の通路の真ん中に座ってて動かない。
興味津津、興奮状態で駆け寄ろうとするさくらに
背中の毛を逆立てて怒ってはいるものの逃げようとはしない。

そこを通らなければ帰れないのに、狭い通路の真ん中にいるから通れない。
困ったもんだと途方に暮れていたら、近くで開催中のイベントスタッフらしき男の子が
「おなかがすいて動けないみたいですよ。」
と教えてくれる。・・・が、ここは岡山駅から徒歩5分の公園。
誰が捨てて行くのか、お弁当ガラやパン屑、食べかけの焼き鳥やスナック菓子などがゴロゴロしている。
さくらに拾い食いをさせないように、いつもいつも細心の注意を払っている。
そんな公園で、餓死寸前なんてにわかには信じがたい。
かといって、怪我をしている様子もないし・・・・・と気になっていたにゃんこさんですが
今朝もお散歩でそこを通ると、公園内の石の上に乗せられてチョコンと座ってる。

nyan.jpg


しかも、キャットフードやシーチキンなどなど大量のごはんと一緒に。
よくみると空き缶にお水まで用意してある。

これから、この子はどうするんだろ?どうなるんだろ?
って考えると、なんだか切なくなってくる。
かといって、どうにもしてあげられないし・・・・・
良い飼い主さんに拾われていくのが一番!?街で強くたくましく生きる?



今日はさくらのお散歩ルートに居ついたにゃんこさんのお話でした。
そうそう、動画をアップできるようにしてみたんですが・・・
ちゃんと見れますでしょうか?さっそくさくらさんの様子をみてみましょ!



おやつ(ささみジャーキー)のためなら、“おて”も“おかわり”も両手いっぺんにしちゃいます(笑)
そのたくましさで病気なんて吹き飛ばそうね!!!







クリックしてくれたら、さくらはますます勉強家になるよ♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
9/26(水)
さくらの脾臓摘出手術より一週間が過ぎたので
病理組織検査の結果がそろそろかと毎日ドキドキ待っている。
一週間後って聞いてたのに連絡がまだなく、
こらえ性のない私は南動物病院へお伺いの電話を・・・
M先生:「検査結果、もうしばらく・・・あと一週間くらいかかるそうです。」

今週土曜日の南動物病院へ診察に出向き、
検査結果を元に今後の治療について相談する予定だったので
検査結果がまだなら仕方ない・・・ず土曜日の診察も延期することに。

一週間って言ってたのに、なぜ延びたのかは不明だけれど
とにかく、また心落ち着かない日々が続くらしい・・・
さくらと穏やかに過ごせるのはうれしいけれど、内心はきがきじゃない。
つらい結果であったとしても、気持ちを強く持とうと覚悟を決めていたのに・・・



9/27(木)
退院しておうちに帰ってきてから、日に日に元気を取り戻すさくらちゃん!
朝からご機嫌、しっぽブンブンでお散歩です♪
0926-2.jpg
どこのわんこのにおいがしますか~?


相変わらず計画性なくズンズン突き進み、帰りにはグッタリ、ヨボヨボです(笑)
病気になってからというものの、何をされても逆らうことなく従順だったのに
最近はイヤなこと(傷口の消毒とか)しようとすると、逃げ出す元気も出てきました^_^;


0926-6.jpg
仲良し親子のツーショット♪


やむを得ずとはいえ、苦しい事を先送りにしてしまった様な不快感はあるけれど
とりあえず、こうしていられる穏やかな一日一時を
何一つ、聞き洩らさず、見落とさず、大切に大切に過そう。







クリックでてるてるさくらも元気百倍!人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
車がないので、いつもの旭川の土手まで行けず
大好きなお散歩も、近所の公園でがまんしてるさくらです。

この近所の公園は川に沿った緑道公園なので幅は狭いモノの総延長は数kmにも及びます。
ちょうどその中間辺りからスタートするのですが
近場が気に入らないのか、物足りないのか、日々範囲を広げるさくら・・・
そして必ず行きつくとこまで行くと、くたびれてしまう^_^;

お願いだから「帰りも歩かなきゃいけない!」
ってことを、そろそろ覚えて下さいね(;´д` )

つかれました・・・だっこしてください。
16kgもの巨漢を抱っこして、ママはそんなに歩けません!


と、いうことですのでさくちゃん、頑張って歩いて下さいね!
これ、毎日やってます^_^; 学習能力“0”です(笑)
もう少し計画性をもってほしいものですね~!(無理は承知ですが・・・^_^;)
そんなこんなな朝のお散歩を終えておうちに帰ると・・・

0916-91.jpg
さくちゃん、それ地方ニュースのページですけど・・・^_^;


知識人らしく“まずは新聞を読む!”はずもなく
ごはんのモーレツ催促をして、おなかいっぱい満足したら
zzzzz
もちろんお昼寝です!



先日の「脾臓摘出手術」の病理組織検査の結果待ちの毎日。
1週間程度とのことだったので明日かあさってあたりかな・・・
なんだか、こんなにのんきなさくらと過ごしていると、病気なんてウソのようです。
このまま静かで穏やかな時間がいつまでも続けばいいのに・・・



tete.jpg
不安を思いだしたら、癒され画像でまったりしよ・・・か、かわいぃ・・・













クリックしてくれるとしっぽブンブンよろこんじゃうw人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

みなさんのあたたかいコメント&メッセージに励まされ
どうにか最小限のダメージですんでいるママです。
・・・とはいうものの、粘着体質なもんで
なかなか気持ちを切り替えスッキリシャッキリとはいかず
今日もグジグジと過ごしております(;´д` )


taikan.jpg

落ち込みモードで意味なし行動中・・・(撮影:母さん(ママのママ))


さくらが母さん(ママのママ)にかまってもらっている間に
ちょっと“エリザベスカラー”なるものを着用してみた。
やっぱり邪魔くさい・・・しかも音の聞こえ方がなんか響いて変だ・・・
こんなん着けてなきゃいけないなんて、さくら、かわいそやね・・・(´・ω・`)

0924-5.jpg
そんなにひかんでも・・・(汗)


ものすごいひいてます・・・(汗) どんびきです・・・_| ̄|○
しかもその視線には、憐みさえ感じられます・・・・・
あ~あ・・・なんかよけいに落ち込んだ気がするんですけど・・・(笑)




■□■□■□■□■ さくらとママのハッピーホリディモーニング ■□■□■□■□■

food0924-1.jpg


〔さくら〕
特製ミートボール(若鶏胸肉、レバー、メイタカレイ、ホウレンソウ)・湯掻きチキン・納豆
(お薬)仕込みチーズ、かぼちゃ、さつまいも、しいたけパウダー、 きなこ、炒り卵(黄身のみ)

〔ママ〕
卵入りいもがゆ   ※卵はさくらの炒り卵に使った残り





そんなことをブログにグダグダとアップしていると
さっきまで気持ちよさそうにお昼寝してたさくらさんが起き出して
超~ご機嫌笑顔で、しっぽブンブンしながら、私のパソコンデスクの下へ。
「何かご用ですか、さくちゃん?」

0924-6.jpg
えっ!?


時計を見ると・・・
tokei.jpg
5時でーす!


す・・・すごい。ジャストです!
さくちゃん、それは腹時計ですか?それとも時計が見えるんですか?(汗)









クリックしてくれるとさくらもうれしい♪
人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。



9/22(土)
最短の3日間で退院できることとなり三重県までお迎えに!
手術なんてなかったような元気な様子に安心させられる。
病理組織検査の結果待ちなので、手放しで喜ぶことはできないけれど
兎にも角にも、元気なさくらとおうちに帰ることが出来る幸せをかみしめて帰宅の途に。
いつものように数度の休憩を挟みつつ、疲れないように岡山をめざします。

0922-6.jpg
そんなに見たらチーズさん緊張してるよ(笑)

0922-7.jpg
じゃ食べていいよ。よしっ!


事件はこの直後に起こったのです。
車が加古川を過ぎて姫路に差し掛かろうかとしている時に突然・・・

     ガタガタガタガタッ

激しい音と振動が・・・
何!?何が起こったの?(汗)
と、とりあえず左に寄らなきゃ!ハザードたかなきゃ!
が・・・ハンドルが動かない(汗)ハザードつかない(汗)
やばいっ!高速道路ですよ、ここ・・・

無理やりにハンドルを切り、ギリギリ左の路肩につけて停車。
ここにきて、ようやくバーストしたことに気付く。
エンジンが切れてるし、ハザードもつかないし、パワステもパワーウィンドウも動かない・・・
どうやら電気系統がやられているらしい(汗)
混乱する頭を落ち着かせ、JAFに電話し状況を説明。
エンジンがかからないので積載車で迎えにいくが40~50分はかかるとのこと。
20分後、道路公団の方が来てくれて後方を警備してくれる。
kousoku1.jpg
あああああ・・・・・_| ̄|○

50分後JAF到着。最寄インターチェンジまで積載車で運んでもらう。

いつもメンテを頼んでいる自動車屋さん(岡山)に頼んで積載車で迎えに来てもらうことに。
管理事務所で通行料の精算をして待つことさらに50分。
壊れていることがさくらに分かるはずもなく、しきりに車に乗りたがる。
ごめんね、さくら。お外は暑いよね・・・車は乗れんのんよ・・・
すぐお迎えが来るからもうちょっとだけ待ってな・・・

0922-12.jpg
もう来るよ、きっと。


その後、迎えにきた積載車にサーフを積んでもらい、さくらと一緒に助手席に乗せてもらい
どうにかこうにか無事に自宅に帰りついたのでした。

バーストして剥がれたゴムがめくれ上がり、電気系統の集中した辺りにぶつかり
衝撃で配線を引きずりだしてしまったらしい。
その後、修理工場からの連絡で、修理には最低でも50万円はかかるらしい。
「大きな事故じゃなくて良かったと思わなきゃ!」
と、落ち込む私を慰めてくれた自動車やさんと友達・・・
うん、そうだね。本当にそうだよ。ありがとう。
そうは思ってもやっぱりショックは大きい・・・しばらくは立ち直れそうにないよ・・・・・_| ̄|○







人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


さくらの脾臓摘出手術から2日。
さくらのいないおうちに相変わらず慣れないママです。
どことなくガランとしたお部屋に一人でいると
さくらとの12年分の思い出がイロイロイロイロ頭をめぐります。

もう5~6年も前のことですが、さくらは家出をしたことがあります。
ビル(我が家は雑居ビルです。)の清掃業者が扉を閉め忘れたのが原因だったみたいなのですが
帰宅してさくらがいないことに気付き大慌てのママ(汗)
近所を探しまわるが見つからず、途方に暮れて翌朝、すがる思いで最寄警察に電話をしました。

  交換:「“拾得物保管係”にかわります!」
  ママ:「お願いします。(って“落し物”扱いですか・・・汗)」
  担当:「特徴は?」
  ママ:「芝系の雑種で「さくら」って呼ぶと反応します!
      あ・・・でも他の名前でも時々、反応します。」
  担当:「・・・・・(汗)」

結局、首輪の特徴が一致している子がいるということで大急ぎでお迎えに!
家出にまんまと成功し、一人きままに町を闊歩しているところを
運悪く(!?)巡邏中のおまわりさんに保護されたらしい。
onegai11.jpg
保護してもらっといて、なんて言い草ですか^_^;;;;;


この日さくらが保護されていたのは岡山西警察署
建物の裏手にはケージがズラッと並んでいるのに驚きました!
(保護されているわんちゃんの多いことにも驚き!)
そしてちゃんとドッグフードもお水も与えて下さっていて
なかなかな手厚いご接待を受けた模様でした(笑)
いえ・・・笑い事じゃありませんね。ごめんね、さくちゃん。ごめんなさい、おまわりさん。


sakura11.jpg
我が家に来て約2ヶ月のさくら

お耳がペロ~ンとたれてた子供の頃のさくら。
その頃から食いしん坊ぶりだけは一人前!
聞き分けはよく、教えた事は水がしみ込むように覚えたお利口さくちゃん。



xmas.jpg

20060106.jpg
クリスマスもお正月もいつも一緒!



愛しい愛しいさくら、ママの大切なさくら、大好きなさくら、かけがえのないさくら
早く元気になって帰っておいで!早くママのそばに帰っておいで!
まだまだこれから、うれしい楽しいいっぱいしなきゃ!
美味しいのもいっぱい食べなきゃ!!!








人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。

9/19(水)
途中おしっこ&うんちだけの短いお散歩を済ませ、午前10時、三重県伊賀市「南動物病院」に到着。
1週間の観察記録をM先生に手渡し、再度手術について詳しいお話を聞く。
まず血液検査をして、点滴。そして午後からの手術となります。
手術前には執刀の南院長よりお話を聞かせていただけるとのこと。


さくらを預け、一旦病院を後に。
「食事してきて下さい。」って言われたが、とてもそんな気になれない。
朝から胃がキリキリ痛む・・・
近くでコーヒーを飲みながら、持って来たノートPCにて再度みなさんからのコメントなどチェック。
12時過ぎに病院に戻ると、南院長の到着が遅れているとのこと。
本日、海外より帰国とのことだったので、航空便の到着遅延だろうか?
14時以降になります。と・・・
仕方ないので再び病院を後にして外に出るが、どうしようかと途方に暮れる。



午後2時過ぎ
再び病院に戻り待つこと数分。診察室にて南院長より下記の様な説明を受ける。
 ■手術自体は難しいものではなく20分ほどで終わる。
 ■術後、麻酔が覚めた後に面会が出来る。
 ■血液検査の結果は良好。適合した供血犬もいる。
 ■脾臓の摘出自体が原因となる障害なども殆どない。
 ■術後、貧血などが起こる場合には輸血の可能性もある。
 ■早ければ術後3日で通常通りの状態に戻る。
 ■開腹の際、その他の臓器についても肉眼で見える限りチェックする。


午後2時33分
「今から麻酔をかけ手術開始となります。約30分程度で終了の予定です。」
と、M先生より。「お母さん、しっかりして!」と励まされる。
みなさんから頂いた応援コメントのプリントアウト」「石切神社の祈祷布」を
手術中さくらの近くに置いていて下さい。とM先生にお願いしてある。
あとは祈るのみ。頑張れ、さくら!負けるな、さくら!生きよう、さくら!


午後3時08分
「手術は無事に終了しました。出血はいたって少なく、安心していただいて良いと思います。」
「その他の臓器については、肉眼で見る限り異常はない。」
「摘出した脾臓に肉眼でハッキリと確認できる潰瘍、腫瘤などはなく、組織検査の結果が待たれる。」
M先生より以上の様な報告を受ける。
「痛がってないですか?」と訊ねたところ「そうでもないです。落ち着いています。」とのこと。


午後3時17分
診察室で、麻酔の覚めたさくらとの面会。
痛み止めが効いているのか、痛がる様子は殆どなくしっぽを振って甘えてくる。
さすがに疲れた様子だが、表情も落ち着いている。
「頑張ったね!いい子だったね!」と撫でてやると、
私の腕や顔をペロペロといっぱいなめてくれる。

0819-1.jpg
うん、ちゃんと知ってるよ!頑張ったもんな。


おててに刺された点薬用のチューブが痛々しい。
足で引っ掻かない様にサポーターを着せられているので見えないが、20㎝強の傷痕らしい。
今日は絶食とのこと。食いしん坊のさくらには、これが一番悲しいね・・・
あまり疲れては・・・と思い、10分弱の短い面会を終えて、病院を後にしたのが午後3時半過ぎ。


前回(腹胸部「肥満細胞腫」の摘出手術)の術後の激しい痛がり方が記憶に新しく
ビクビクドキドキでしたが、「なんでこんなに違うの?」ってほどに痛がる様子もなく
あっけにとられるほどに元気な様子にホッと一安心なのでした。

9/20(木)
やはり様子が気になって仕方がない・・・近くならすぐに会いにいけるのに・・・
電話で様子を聞くと、経過は至って良好で、お散歩も行き食事もしたとのこと。良かった・・・





今回の闘病について、周囲の友人、知人などにあまり話をしていません。
母や親友など、ほんの数人に話しているだけです。
トータル百万円以上にも及ぶ治療費の上、仕事までやめての三重県通い。
我が子同然に愛しているからこそなせることで、
この感情や行動が、誰にでも理解できる事ではないと思っています。
実際に仕事を辞めるにあたって、某人より悪辣に罵られた事もあります。
そんな状況の中、こうしてブログを書くことで
思いを共有出来る方々と、ウェブ上ではあるものの知り合うことができ
情報の交換ができ、さらには励ましてもらったり、元気づけてもらったり、応援してもらったり。
今さらながら、つくづくブログを書いて良かったと感じています。


本当に、本当にたくさんの力強い応援メッセージありがとうございました。
みなさんの思いがさくらを助けてくれたんだと、感謝は尽きません。
まだまだ、第一関門“外科手術”を突破しただけ。
これから、もっともっとイロイロなことがあるのでしょうが
みなさんがいて下さるだけで、どんな辛いことでも乗り越えられそうな気がします。
kansya.jpg








人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


たくさんの応援、コメント、本当にありがとうございます。
さくらの脾臓摘出手術は無事に終了致しました。
術後、思いがけず元気なさくらと面会し、安心して岡山に帰って来ました。

コメントのお返事も出来ず申し訳ございませんm(__)m
緊張から解放されたせいか、ドッと疲れが出た気がします。
明日、必ず詳細ご報告&お礼の記事UP致します。










人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


このブログに遊びに来て下さった方のコメントで
岡山県内の評判の良い動物病院「山陽動物医療センター」を教えていただいた。
調べてみると確かにとても評判の良い病院のようだ。
院長(下田哲也氏)は“ペットジャーナル”で「血液病・臨床病理のスペシャリスト」と紹介されている。


場所は我が家から車で30分程度のところ。
セカンドオピニオンはあきらめていたのだが、急きょ思い立ち訪れてみることに。
すでに明日が手術日なのに、あまりにあきらめが悪いと笑われそうだが
やはり、こんな煮え切らない思いのままで手術に臨みたくはない。


途中で電話をして簡単に内容を伝える。(前回のことがあったので、病院名などは伝えず、
「脾臓摘出と診断されたのでセカンドオピニオンが聞きたい。」とだけ伝える。)
CT画像」と、M先生に作成していただいた「経過報告書」の他
自作の資料」やこれまでの「病理検査報告書」を全て持ち、いざ病院へ。

  3連休明けなので、混雑しているだろうなぁ・・・と思ってはいたけれど、想像以上の患者数に少し驚く。
  診察開始時間(9:00)の少し前に到着したのに、すでに10人以上の患者さんが待っている!
  病院の外観はいたってシンプル。建物の日陰になる場所にいくつかのベンチが備えられていて
  病院嫌いのわんちゃん達は、待合室に入らずお外で待っていられる。
  特徴的なのは“診察室が全面ガラス張り”であること。
  中で行われる診察、治療状況、次の患者さんを迎える前の診察台の清掃状況まで全てが見通せます。


受付を済ませ、資料一式を渡し、待つこと約1時間。
名前を呼ばれて診察室に・・・初めての病院なのでさくらも私も緊張気味。
事前に渡したCT画像と資料類に熱心に目を通していた下田院長は、
私の説明を最後まで聞いてくれた後に
「これ、脾臓そうとう悪いですよ。やはり摘出が第一の手段だと思います。」
歯に衣着せぬ話し方が、この際とても気持ち良い。
「この白いまだらな部分、全て腫瘍だと思いますよ。
 肥満細胞腫か神経鞘腫かは分かりませんが転移であることは違いないでしょう。」
「この子に手術を受ける体力があるならば、すぐにでも摘出手術を受けることを薦めます。」
と・・・

いつもいつもだらしのないママですが、さすがに今日は泣きませんでした。
下田院長のお話を冷静に聞くことが出来ました。

下田院長は南動物病院の前院長(現在の南毅生院長のお父様)の時代に
そちらに勤めていたこともあるそうで、
「治療方針などは基本的に同じだと思いますが・・・」
前置きの上、診察をして下さいましたが
これはあくまで私の主観ですが、懇意な病院の治療に迎合している感じは全くなく
下田院長の独自の判断という印象を強く受けました。

自己満足かもしれませんが診察を受けて良かった。と心から思っています。
「間違いないよっ!」って背中を押してもらえた気がします。
(紹介してくださったナナママ様、本当にありがとうございました。)
自信を持ち回復を信じて、執刀いただく南院長を信じて、明日の手術に臨んできます。


0917-1.jpg


0917-3.jpg


9/19(水)の午後

さくらは“脾臓摘出手術”に挑み頑張っています。

もしその時、チラッとでも思いだしたら、

どうぞ、空に向かって応援の気持ちを送って下さい。










人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。



今日は敬老の日ですね。
我が家の愛しいお年寄りはというと・・・

0917-4.jpg
爆睡中でございます^_^;


さくちゃん、ちょっとくらいママをかまってよ!
あんまりほっとかれたら、ママ寂しいやん。
ちょっと、起こしてみよ~っと^m^

0917-61.jpg
イヤ、ごはんはまだやけど・・・^_^;


さくら : じゃおさんぽ?
ママ  : それもまだです^_^;;;
さくら : じゃなんのごよう?
ママ  : イヤ、別に用ってわけじゃないんだけど・・・^_^;;;;;

0917-7.jpg
あ~あ・・・姫さま怒らせちゃった(汗)


ママ  : それにしても、その左手どうなってるの~?
さくら : ・・・・・(怒)
ママ  : はいはい。うるさいですね(汗)もう、だまっときます^_^;



脾臓摘出手術まであと2日、たくさんの応援と励ましの言葉、心からうれしく拝見しています。
ともすれば、暗く独りよがりな記事になりつつある当ブログですが
呆れる事なく、見放す事なくご訪問くださる方々に
ありきたりの言葉ではありますが感謝は尽きません。
みなさんのご来訪とコメントにどれだけ救われているか分かりません。
さくらの命の続く限り、このブログに記し続けます。
さくらのかわいい姿を残し、忌々しい病気と動物医療の現実を広く知っていただき
また願わくば、一人でも多くの方に応援していただきたいと、そんな思いが天に通じるのじゃないかと・・・

0917-2.jpg
あなたのいない未来なんて想像できない・・・






人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


0916-12.jpg
なんか変なモノがいるっ!(汗)


その正体は・・・・・
0916-13.jpg
う・・う~ん・・・変・・じゃない・・よ・・(たぶん)


午後からは雷雨との予報だったので、午前中に2回もお散歩に行ったのに
夕方のさくちゃん、やる気満々。「おさんぽ行こっ」ビームをバシバシ出してます(汗)
だから、雨なんだってばぁ・・・(;´д` )
元気だった頃のさくらは、雨降りでもなんのその!全く気にせずガンガン歩く野性児でした。
さすがに今は無理でしょ!おてての抜糸もまだだし、お風邪でもひいちゃったら大事だよっ(汗)
なんと言っても、あきらめず食い下がるさくら・・・玄関で待機したまま動かない(´・ω・`)
しょうがないなぁ~・・・そうだっ!昔ママがスキーで使ってた簡易パーカー来て行こうかっ!?
と、着せてみたが、明らかに大きすぎる・・・(汗)
仕方ないので、はさみとホッチキスとテーピングでアレンジして、どうにかジャストさくらサイズに!

0916-14.jpg
か・・・か・・わい・・いよ・・・(たぶん)


パーマ屋さんで話しこんでるおばちゃんっぽくはあるが・・・
まっ・・・今日だけやし、辛抱してな!(今度ちゃんとしたの買ってあげるからね!(汗))





みかんちゃんのブログ「みかんのココロ」でキウイが消化に良いと紹介されてたので
早速さくらも食後のデザートにチャレンジしてみました!
kiwi.jpg
もちろん初体験!


0916-16.jpg
一気食いかよっ(汗)


姫さま、お気に召したようです^_^; 一気に完食でございました!







人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


病気の発覚から現在に至るまでの経過を一覧にまとめてみました。
はじめて当ブログにお越しいただきました方に、ぜひともご覧いただきたいと思います。
(日付を書く記事にリンクしています。)
(今後も経過に沿って、随時更新していきます。)


日付内容
2007.07.23数日前に発見した胸腹部の500円玉大のしこりの
診察のため地元のかかりつけ病院へ。
ニードルバイオプシー(針生検査)により
肥満細胞腫(悪性腫瘍)」と宣告される。
2007.07.30地元かかりつけ病院にて
腫瘍摘出手術を受ける。手術は成功。術後の経過も良好。
摘出した腫瘍は専門機関にて病理組織検査。
2007.08.06摘出した肘腫瘍の病理組織検査結果
グレード1~2 マージンは+(不完全)のため
追加治療(再手術、放射線など)が望まれる。
2007.08.13手術後の経過は良好。抜糸。
放射線治療について担当医と相談する。
2007.08.20院長が腫瘍治療の権威で最新の治療設備の整った
三重県の「南動物病院」での診察を受け
入院の上での放射線治療(根治的治療)を決意。
2007.08.303年前に発見し良性と診断されたため放置していた
肘部腫瘍の摘出手術を受ける。
放射線治療の際の麻酔中にとの院長の薦めにて。
2007.09.05摘出した胸腹部腫瘍の病理組織検査結果
神経鞘腫」(「悪性軟部組織肉腫」の一種)と診断。
胸腹部に加え、肘部の放射線治療を開始する。
2007.09.12CT検査にて脾臓に異常な影が見られるとのこと。
前回(8/20)はほぼ正常であったのに
あまりに急激な変化で危険な状況が想定される。
現治療は中断し脾臓の処置が急がれるとのこと。
2007.09.13体調不良(下痢、嘔吐)のため放射線治療中止。
9/19(水)脾臓摘出手術(南院長執刀)
を予約し一時退院に相なる。
2007.09.18山陽動物医療センター」(岡山県)にて
脾臓摘出についてセカンドオピニオンを受ける。
状況は良くない、早い手術を薦めるとの診断。
2007.09.19南動物病院」(三重県)にて脾臓摘出手術を受ける。
手術は成功、事後の経過は良好。数日間の入院。
摘出した脾臓は専門機関にて病理組織検査。
2007.10.05南動物病院」(三重県)より摘出した脾臓について
日本では病理組織検査が難しく
アメリカの専門機関に検査に提出した。との連絡を受ける。
2007.10.062週間ぶりに「南動物病院」(三重県)へ。(肘と脾臓の縫合後の抜糸)
摘出した脾臓は「線維組織球結節」と呼ばれる腫瘍であったとのこと。
今後は月に一度の検査で再発、転移に留意を続けていく。とのこと。
2007.10.28第一回目の月ごと定期検診のため「南動物病院」(三重県)へ。
胸部エコー、腹部レントゲン、血液検査ともにOK。
再発、転移は見られないとのこと。次回(1月後)の検診を待つ。
2007.11.24第二回目の月ごと定期検診のため「南動物病院」(三重県)へ。
胸部エコー、腹部レントゲン、血液検査ともにOK。
再発、転移は見られないとのこと。次回(1月後)の検診を待つ。
2007.12.22第三回目の月ごと定期検診もオールOK!
しっぽに気になる出来物があったのも結果はシロ!
悪い細胞は見られないとのこと。クリスマス、お正月を一緒に過ごせる!
2008.01.03年末よりおしっこの調子が悪く膀胱炎を疑い地元の病院へ。
同日、大腿部に小さな出来物を発見。その細胞診もしてもらう。
その結果、肥満細胞が多く見られるためまず「肥満細胞腫」であるとのこと。
2008.01.04いてもたってもいられず朝一番で三重県の南動物病院へ。
昨日のスライドも持参するがやはり間違いなく「肥満細胞腫」。
摘出手術を決心し、翌日の手術を予約。さくらは入院。
2008.01.05午後2時より南院長執刀の下、約1時間の腫瘍摘出手術に臨む。
手術は無事終了するも、付近に腫瘍らしき小さな出来物が無数に発見される。
摘出した腫瘍と共に病理組織検査の結果が待たれる。






人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。



ここのところヘビーな記事ばっかり書き続けてたので、ちょっと休憩です。
名前を入力するだけで「脳内図」を作成してくれる人気のサービス「脳内メーカー」ってご存知ですか?
ちょっと気分転換にやってみました。

さくらの脳内図
A4A2A4ABA4AEA4B5A4AFA4E9.gif

ん~・・・やっぱ体調が悪いから休憩がほしいのかなぁ~?
でも「食」でグルッと取り囲まれてるのが、食いしん坊なさくららしくて笑える(笑)
いっぱいねんねして、いっぱい美味しいの食べようね!


ママの脳内図
C0D6CCDAA4D2A4EDA4DF.gif

そうです。ママは悩みでいっぱいなんです・・・(ウソはついてないけどな・・・?)
ま・・・ただのお遊びですが、けっこうおもしろいのでやってみて下さいなw 「脳内メーカー@うそこメーカー


おうちに帰ってきて落ち着いたのか、下痢も嘔吐もすることなく
だいぶ元気を取り戻して、おさんぽ好き&食いしん坊ぶりを大いに発揮しています。
沈みこんだお顔ばっかりしてたけど、ニコニコ笑顔もでるようになりました(⌒o⌒)
0915-4.jpg
そうやね!そろそろおうち帰ってごはんにしよ!



そして今晩の「さくらとママのラブラブディナー」は・・・
food1.jpg


〔さくら〕
ドライフード(アイムスシニア)・特製そぼろ(ささみ、レバー、かぼちゃ、ホウレンソウ)
(お薬)仕込みチーズ、しいたけパウダー、納豆(初チャレンジ)

〔ママ〕
納豆ごはん(;´д` )  ※さくらに食べさせた残りの納豆です(笑)


きのこ類は消化しづらいそうなので、乾燥しいたけをプロセッサーにかけて粉末にしています。
納豆が良いと聞いたのでさっそくチャレンジ!超小粒を買ってきたのだけど、まだ気になるので小さくつぶしています。
においがきついので大丈夫かな~?と心配してたけど、全く気にする様子もなくペロッと完食です!!!





人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


来週の水曜日(9/19)までは自宅療養なので、その間に岡山県の動物病院を訪ねてみようかと思い
その旨を南動物病院のM先生にもお話したところ、これまでの経過報告書を作成して下さるとのこと。
頂いたCT画像も一緒に持って行って下さい。とおっしゃられた。

9/19南動物病院での脾臓摘出手術を受けることは、私の心の中でもほぼ決まっているのだけれど
それでも、別の専門家の意見を聞いてみたい。その上でなるべく早い時期の手術をお薦めします。と言われたら
グジグジとだらしのない私の心も、覚悟が決まるような気がする。

先日より調べていて門をたたきたいと思っていたのは下記の三病院。

水島動物病院
  院長は若いけれど腫瘍を専門とされている。
  さくらが子供の時から通っていた病院のグループ病院なので
  さくらの子供の頃からの経過も把握していただけるであろう。との理由から。

三宅動物病院
  岡山県で唯一放射線治療機(オルソボルテージ)を有しており
  麻布大学出身の院長による腫瘍の専門とのいえる病院。

はた動物クリニック
  腫瘍の専門ではないけれど、岡山県内では至って評判の良い病院。
  院長の人柄が評価されているようです。


実は先日、上記の一軒に電話で打診をしてみました。
簡単な経過を説明し、セカンドオピニオンを聞きたいとの希望を話したところ
「南動物病院でしたら、腫瘍に関しましては国内有数の病院ですし
 設備、症例ともにトップクラスですのでそちらの診断に従われるのが良いですよ。」

と言われた。 正直、愕然として、後から沸々と憤りがわいてきた。
診察もせずに、状況も見ずに、かかっている病院が有名だから間違いない!?
そんなことは言われなくても百も承知のこと。私が聞きたかったのは、そんな事じゃない。
もし自身の担当患者に同じ症例の子がいたら、どの様な判断をするのか?
設備の整わぬ地方の病院ならば、一体どの様な治療をするのか?薦めるのか?
その上で、やはり「脾臓摘出手術」と判断されたのであれば、それだけで大いに心の負担は軽減されたのに・・・・・

もう、他の病院へ打診する元気もなくなった。これが現実なんだ。
確かに「南動物病院」は有名だし、評判も至って良好。設備も技術も症例に伴う知識もトップクラスでしょうし・・・
これまでの治療、対応にだって十分満足しているし、何か具体的な不安材料がある訳ではない。
分かってる。分かってるけれども、誰か他の専門家から太鼓判を押してもらえたら、安心できたのに・・・


人間の医療業界であれば、ファーストオピニオンが大学病院であろうと、その専門の権威であろうと
セカンドオピニオンをと指名された医師は、診察の上、自身の判断をし、
その上でファーストオピニオンを下した病院、医師の評判などについてもアドヴァイスする。
という一連の流れが日本でもそろそろ定着してきたように思えるのに
日本の動物医療業界の意識の低さに、今さらながら愕然としているママなのでした。






人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


三重県「南動物病院」からの帰途、東大阪の「石切神社」にお参りしてきました。
体調の良くないさくらに寄り道は負担になったかもしれないけれど
いつも通る近畿道から見える、大きな大きな「石切神社」の案内看板がずっと気になっていた。
ishikiri2.jpg
石切神社本殿


奮発して10,500円の特別祈祷をしてもらう。
急に思い立って行ったので、リードしかないし本殿への昇殿は不可でしたが、
御加持所までは上がらせていただきました。本殿では名前を読み上げての病気平癒をご祈祷していただきました。

osagari.jpg
お下がり各種


お水は飲もうね。お米はおかゆさんにまぜて食べよう。お札はお部屋のさくらが見える場所に。祈祷布はさくらのお布団の下に。
お守札は患部をこれで撫でて下さい。って言ってたから、ママが毎晩これで撫でてあげるからね!
神様、どうかさくらを見守っていて下さいね。(さっきは不条理だ!なんて言ってごめんなさい・・・汗)





来週水曜日(19日)脾臓の摘出手術を受けることにしました。
執刀は南院長先生にて。約1週間前後の入院が必要となる。
手術自体は特別困難を極めるものではないけれど、出血が大量になる可能性もあるので、その場合には輸血が必要となる。
その際は、待機している「供血犬」から輸血をされるが、時に拒否反応の起こる場合もあるとのこと。
いつも応援して下さるららかんさんのブログにて初めて「供血犬」の存在を知りました。
お世話になる日がこんなにすぐ来るとは思ってもみなかった・・・
どんな子がさくらに供血してくれるんだろう?会わせてもらうことが可能かな?会って「ありがとう。」って言いたい。
水曜日に病院に行ったら、お願いしてみよう。


おうちに帰ってからのさくらは、とても疲れた様子で元気がない。
いつもなら、おうちに着くとまず第一にキッチンに行くのに、今日はそんな素振りも見せずお布団に直行、バタンキュー。
0913-1.jpg


ごはんの準備を始めても、起き上がる気配すらない。
いつもならキッチンまで来て「はやくっ!はやくっ!ごはんはやく~っ!」て猛催促するのに・・・
帰宅途中のお散歩も10分もしない間に帰りたがったし・・・
体調よくないのに、寄り道しちゃったから余計に疲れちゃったんだね・・・ごめんね。

それでも、ごはんが出来るといつもの食欲でペロッと完食!(良かった。)
昨日も嘔吐と下痢を心配して、少しずつ何度かに分けて食べさせて下さい。って言われてたので、
いつもの1/3の量を6時と9時と12時に分けて食べさせましたが3回とも吐くこともなく喜んで完食。



今日からステロイド剤を処方されました。
さくらにとっては生まれて初めてのステロイド剤です。胃薬と抗生物質とともに。
kusuri.jpg

肘の縫合跡に放射線照射をしているので、傷の治りが悪く抜糸もまだ出来ていません。
また、脾臓の摘出手術も胸部の放射線照射部に重なるので、当然傷の治りも通常より悪いはず。
通常であれば、放射線照射を終了してから2週間以上は空けての手術が望ましいそうだが
さくらの脾臓は、傷の治りが悪くなるというリスクをおかしても早期の手術が必要な状態・・・

ステロイド剤が、どうかさくらの身体に余計な作用しないで、ガンにだけ有効な作用をしてくれますように。





人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


午前10時過ぎに三重県伊賀市の南動物病院に到着。
受付を済ませ待合室で待っていると、程なく名前を呼ばれた。
診察室にはM先生のみ。・・・さくらがいない・・・なんで?

CT画像を見ながら、M先生から説明を受ける。(下記はCT画像です。クリックで大きく見えます。)
CT0820.jpg
8/20脾臓CT画像


CT0912.jpg
9/12脾臓CT画像

最初(8/20)のCT画像に比べると、9/12のものは脾臓がまだら模様になっているのが一目瞭然です。
調べてみないと何であるかはハッキリ分らないけれど、可能性としては
肥満細胞腫の遠隔転移(もしくは新たな病変)による多数の小さい腫瘍、
もしくはモヤモヤとした影を映しだすような病変(リンパ腫など)が考えられるとのこと。

調べる手段としては、「脾臓の摘出」もしくは「細胞診」。
但し細胞診については麻酔を使用しないので、痛みや出血を伴うリスクがある上、
あくまで、考えられる病変の範囲が狭まるだけで、特定は出来ない。


覚悟はして来たつもりだが、やはり涙が止まらない。またしても診察室で号泣してしまう。
(これを予想してさくらを連れてこなかったのかな?)



朝6時に出発して往路の道中、12年間分のイロイロな思い出が頭をめぐった。
初めて、我が家に来た日。子供の頃は耳が立ってなくて、ペタ~ンとしてたよね。
シャンプーが大嫌いで、いつも部屋の隅っこに信じられないくらい小さくなって隠れてたさくら。
初めて牛さんに出会った日、怖がってママの陰に隠れてコソッと見てたさくら。
置いてた10kgのドッグフードの包装を破って、おなかいっぱい食べて満足そうに寝てたさくら。
数え切れないほどの思い出が、グルグルグルグル頭をめぐった。

何も悪いことなんかしてないのに、なんでさくらなん?どうして、さくらがこんなひどい目にあうん?
さくらが12年の生涯で犯した“悪事”なんて、ホントにたかが知れてる。
にゃんこを夢中で追っかけてついついよそのおうちにはいっちゃったり、ママがまとめてたゴミの袋をメチャクチャに荒らしたり・・・
せいぜい、そんな程度なのに・・・どうして?どうして、さくらなんやろ?
この世の中にはもっともっと悪い人たち、動物たちがいる。
殺人、強盗、窃盗、汚職、強姦、誘拐・・・・・あきれた政治家、年金問題・・・・・
人間以外の動物に対象を絞るならば、町内のゴミ捨て場を荒らすカラスの方がよっぽど罪は重い。
・・・神様は不条理だ。この世の中は不条理だ。






人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


9/12(水)20:53

南動物病院M先生よりTEL。
本日、脾臓のCTを撮影した結果、
腫瘍と思しき出来物の大きさ、形状は前回(8/20)とあまり変わっていないが
脾臓自体に危険と思われる異常な変化がみられるらしい。
(変化の詳細については説明を受けるも専門用語(?)ばかりで全く理解出来ませんでした。
 私が仕事中でもあったので、それ以上詳しく聞くことができませんでした。
 ただCT画像を見れば、その変化は一目瞭然ですので次回来院の際にお見せします、とのこと。)

それが胸部肥満細胞腫の遠隔転移によるものなのか、また新たな病変によるものなのか不明ではあるものの
兎にも角にも危険な状態であることが想定でき、さくらも本日は体調不良(嘔吐、下痢)で非常に心配な状況。

放射線治療は一旦中断し(胸部については本日で17回目の照射でしたので有効に作用する最低必要量は完了している。)
まずは脾臓の摘出手術などの処置が急がれるらしい。
とりあえず明日お迎えに行き、状況その他を詳しく聞かせていただき、早ければ来週水曜日にも摘出手術をとのこと・・・・・

セカンドオピニオン云々すら言っていられる状況ではなくなってしまいました。
もういてもたってもいられない思い。今すぐにでも駆けつけたいけれど、当然そんなこと出来るはずもなく・・・
明日6時に出発して、お迎えに行くことにしました。
290kmの距離ハンデを、今ほど恨めしく思ったことはありません。

どうか、どうかさくらが無事でいてくれまうように・・・









コメントへのお返事などが出来なくてごめんなさい。
全てのコメントをうれしく拝見しており、勇気をいただいています。
必ず、改めてお返事はさせていただきます。



人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


ある方のブログを拝見していて、愛犬が病気と闘うための治療費のことについて書かれていました。
一人暮らしのOLで毎月10万円以上の治療費が、切実に生活を困窮させる云々の内容でした。
確かに保険のきかない高額な治療費は、普通に暮らす我々一般人にとっては大変な負担でもあります。
今、新たに同様の病気で苦しんでいらっしゃる方にとっても、やはり大変気になることでもあると思い
これまで、これからの治療費について提示していきたいと思います。
(費用が発生次第、この記事に追加という形で記録し、最新記事に更新の旨を案内させていただきます。)

0723.jpg
2007.07.23
胸部の出来物に気がつき診察に行った日です。
顕微鏡検査にて「肥満細胞腫」と診断されました。
手術当日までのヒスタミンを押さえるお薬を処方されました。
本日 4,046円/トータル 4,046円




0725.jpg
2007.07.25
特に来院の必要はなかったのでしょうが
心配性の私はいてもたってもいられず診察に・・・
本日 210円/トータル 4,256円




0730.jpg
2007.07.30(摘出手術当日)
血液検査、摘出手術、入院、病理検査、抗生剤など
本日 48,634円/トータル 52,890円




0801.jpg
2007.08.01
手術2日後、包帯交換
本日 2,310円/トータル 55,200円




0804-1.jpg

0804-2.jpg
2007/08.04
午前の診察で術後良好とのことで包帯をはずすが
帰宅後、即ひっかいてしまい出血し慌てて病院にとんぼ返り。
かなり激しい出血で午後半日入院に。
包帯をはずすとの診断が甘かったと思われたのか
半日入院費は計上されていませんでした。
本日 5,046円/トータル 60,246円




0808.jpg
2007.08.08
抜糸まであと5日。本日も包帯交換です。
本日 2,310円/トータル 62,556円




0813.jpg
2007.08.13
本日抜糸です。抜糸後にまたひっかいてしまわないように爪切りもお願いしました。
頬に小さな出来物を発見し顕微鏡検査を依頼する。(結果は小さすぎて不明とのこと。)
本日 4,475円/トータル 67,031円




0815.jpg
2007.08.15
足の指の小さな出来物の顕微鏡検査を依頼。
また、包帯でかぶれ気味だったので消毒薬もいただきました。
本日 2,205円/トータル 69,236円




utikin.jpg
2007.08.20/2007/08.31
南動物病院では放射線治療後に全額請求とのことで
初診の際から一度もお支払いをしていません。
大よその治療費は5~60万円と言われています。
(その後、肘部の照射も加わり、入院も延びたのでもっとかかるでしょうが・・・)
2度に分けて、内金30万円をお支払させていただきました。
本日 300,000円/トータル 369,236円




0918.jpg
2007.09.18
脾臓摘出にあたってセカンドオピニオンを聞きたく地元、岡山の“山陽動物医療センター”へ。
脾臓のCT画像、これまでの治療状況の報告書(南動物病院にて作成していただいた。)
を持参し、院長診察にてオピニオンを仰ぐ。
本日 840円/トータル 370,076円




0921.jpg
2007.09.21
脾臓の緊急事態に放射線治療中断し脾臓摘出手術。
初診料、CT検査(2回)、血液検査(数回)、
放射線治療(胸部17回51グレイ、肘部6回24グレイ)、
肘部神経鞘腫摘出手術及び病理検査費、
脾臓摘出手術及び病理検査費、入院18泊、
その他検査(エコー、レントゲンなど)、経口薬など
全てトータルで787,810円(内30万円は内金として入金済み)
本日487,810円/トータル857,886円(9/21現在)





1006.jpg
2007.10.06
途中で郵送していただいた抗生物質、再診療、抜糸など
本日8,790円/トータル866,676円(10/06現在)




1027.jpg
2007.10.27
第一回目の月ごと定期検診のため南動物病院へ。
胸部レントゲン検査、腹部エコー検査、血液検査費用など
本日24,150円/トータル890,826円(10/27現在)




1109.jpg
2007.11.09
しっぽの付け根の辺りに直径10センチ程度のただれができ
急きょ地元岡山の山陽動物医療センターへ。
診察、細胞診、経口薬(ステロイド、抗生剤)など
本日4,935円/トータル895,761円(11/09現在)




1112.jpg
2007.11.12
おでこに気になる出来物を発見し地元岡山の山陽動物医療センターへ。
診察、細胞診など
本日4,200円/トータル899,961円(11/12現在)




2007.11.24
第2回目の月健診のため三重県「南動物病院」へ。
胸部レントゲン検査、腹部エコー検査、血液検査費用など
本日25,200円/トータル925,161円(11/24現在)




1126.jpg
2007.11.26
先日のただれの診察のため地元岡山の山陽動物医療センターへ。
診察、追加経口薬、薬用シャンプーなど
本日4,988円/トータル930,149円(11/26現在)




1222.jpg
2007.12.22
第2回目の月健診のため三重県「南動物病院」へ。
胸部レントゲン検査、腹部エコー検査、血液検査費用など
本日25,200円/トータル955,349円(12/22現在)




0103.jpg
2008.01.03
おしっこの様子がおかしく膀胱炎を疑い地元の救急病院へ。
合わせて大腿部の出来物の細胞診もお願いする。
尿検査、細胞診(顕微鏡診)など
本日3,300円/トータル958,649円(01/03現在)



0106.jpg
2008.01.06
細胞診にて「肥満細胞腫」と診断され三重県の南動物病院へ。
まずは血液、リンパへの転移を疑い検査を。
検査、入院、外科手術、経口薬(抗生剤、ステロイド、H2ブロッカー、抗ヒスタミン剤)など
本日89,110円/トータル1,047,759円(01/06現在)




0119.jpg
2008.01.19
抜糸のため、三重県の南動物病院へ。いつものようにエコー、レントゲン、血液検査。
その他、アカルス症と診断され経口薬、塗り薬を処方される。
検査、薬(イベルメクチン(経口薬)、オキシデックスゲル(塗り薬))など
本日23,100円/トータル1,070,859円(01/19現在)








また余談ですが、私の場合は岡山県(居住地)~三重県(病院)という地理的なハンデがありますもので
1度、病院まで往復すると約20,000円かかります。(有料道路10,700円+燃料代8,300円)
現在17往復/トータル340,000円(01/19現在)














人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。

2007.09.17 鹿児島県鹿児島市に「ペットがんセンター」が開業します。
日本では5例目となる、メガボルテージ放射線治療機の完備された施設となります。(南日本新聞 9/8


〔既存の4病院〕
 ■南動物病院(三重県上野市)  ※現在さくらがお世話になっている病院です。
 ■麻布大学付属動物病院(神奈川県相模原市)
 ■日本大学動物病院(神奈川県藤沢市)
 ■日本獣医生命科学大学動物医療センター(東京都武蔵野市)

九州初、もちろん三重県以西(近畿、中国、四国、九州)でも初のことです。
また今秋以降に「日本動物高度医療センター(神奈川県川崎市)」にも設置の予定だそうです。
本当にうれしいです。もっともっと、日本の動物医療も高度化、そして意識の向上を願いたいものです。
鹿児島市の「ペットがんセンター」が、中四国地方西部、九州地方全域のガンと闘う子たちの今後に、明るい光となることと思います。




【放射線治療の種類】
メガボルテージ放射線
(超高圧電圧放射線)
■組織への浸透性が強く、深部への照射が可能
■β線の照射が可能(不可な機器もある)
■特殊な資格が必要(第一種放射線取扱主任者)
オルソボルテージ放射線
(常用電圧放射線)
■組織への浸透性が低く深部に届きにくい
 (照射線は主に皮膚表面に分布するので
  皮膚への障害が出やすい)
■骨への吸収が高く、骨への遅発障害がおこちやすい
■特殊な資格、免許は不要
上記5施設以外の有する放射線治療機はオルソボルテージ治療機となります。(2007.09現在)






人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


片道4時間の道のりは、いくらドライブが好きなさくらでも、やっぱりきついんやろうな・・・
だいたい途中で2~3回の小休憩を挟むんだけど、その度におおはしゃぎのさくら。
月曜日の朝は、はしゃぎすぎて喉が渇いてもお水も飲ませてあげられないし・・・(前日の夕食以降は絶食、朝6時以降は絶水です。)
これまでは、楽しい♪うれしい♪遊びに行くためのドライブだったのに、今ではほぼ通院専用(´・ω・`)
大好きなドライブが嫌いになってしまわないか、ちょっと心配なママなのです。
0903-1.jpg
疲れるし、寝とき寝とき!



ママの愛車サーフくんの燃料(軽油)満タンにしても三重県まで往復は出来ません。
なので出発前に岡山で満タンにして、伊賀市でさらに満タンにして帰ります。
いつも同じガソリンスタンドに行くので、お姉さん方ともすっかり顔なじみです(笑)
(トラックや社用車ならともかく、週に2回も燃料を入れに来る他府県ナンバーの乗用車は確かにちょっと目をひくんやろ~な~。)
0910-1.jpg
みんなほめてくれてるのに、あさっての方見て・・・(;´д` )




~胸部の「肥満細胞腫」について~
 毎日3グレイずつ照射しています。
 トータル50グレイ以上が有効照射量とのことなので
 最低17回照射、望ましくは19回照射とのこと。
 本日(9/10)現在で15回(45グレイ)照射完了しています。



~肘部の「神経鞘腫」について~
 毎日4グレイずつ照射しています。
 トータル50グレイ以上が有効照射量とのことなので
 最低13回照射、望ましくは15回照射とのこと。 
 本日(9/10)現在で4回(16グレイ)照射完了しています。 



~8/26に更新した「不安はつきず・・・」で書いた、脾臓の影について~

 〔8/20 CT検査(コンピューター断層撮影)により発見された腫瘍と思しき影について
 ・腫瘍らしくみえる(核らしきものが見受けられる。)とのこと。
 ・摘出する以外に、それが何かをハッキリと知る手段はないとのこと。
  (開腹し細胞を取得することも出来なくはないが、確実に細胞が取れる可能性も低い上、開腹手術のリスクも伴う。)
 ・また脾臓に関しては、腫瘍のみを摘出することは不可能で、摘出となると脾臓ごと摘出するとのこと。

 〔今後の治療について
 ・摘出し病理組織検査に出す。(何であったかが確実に分かる。)
 ・定期的にエコー検査(超音波検査)、CT検査を行い動向を注意深く観察する。
  (必要に応じ手術、化学療法など)


正直、ものすごく悩んでいます。ここ数日まともに寝られていません。

脾臓は「血液や免疫を蓄えるための臓器」だとM先生が教えてくれました。(M先生の受け売りです。不勉強ですみません。)
出血が激しい時などに、脾臓に蓄えられた血液が利用されるそうです。
脾臓を摘出してしまっても、その分、他の臓器が頑張ってくれるし、命に関わるような障害をなす訳ではないとのこと。

ただ、これはあくまで私の主観ですが、今、脾臓を摘出するのはあまりに乱暴な気がするんです。
悪いかどうかも分からないのに、「悪いかもしれないから、とりあえず取っちゃいましょう。」ってスタンス?
(きっと、そんな軽々しいものじゃないってことは分かってるんですけど、どうしてもそんな感が否めなくて・・・)
もちろん、外科手術をなるべく避けたいとの思いが大いに作用しているんだとは思いますが・・・

初回、胸部の肥満細胞腫の摘出手術後のさくらの痛がり様を見ていると、本当にかわいそうで
きっとさくらにしてみれば、何が何だか分からないまま大嫌いな病院に連れて行かれて、ママはいなくなって
これまた大嫌いな注射を打たれて意識がなくなって、ふと気がつくと痛くて痛くて痛くて痛くて痛くて・・・・・
一体これなんなん?なんでこんな目に合されたん?ママはどこいったん?あたしどうなるん?って、泣き叫びたい気持ちだったと思う。

そんなことを考えると、どうか外科手術だけは避けたい。と思えてしまって仕方がない。


第2選択肢の「動向を観察する」については、定期的にエコー検査やCT撮影をし、
腫瘍と思しき影の大きさについて観察するということになると思います。
ただ、これについても今回の肘の腫瘍のことがあるので、大きくもならないし何でもなかったのかな?なんて放置しておいて
数年後に実は悪性腫瘍でした。あ~あの時に摘出してれば・・・なんてこともなきにしもあらずで・・・

(「良性の腫瘍と考えられる」との組織検査報告により、動向観察しつつ(大きさがほぼ変わらなかった。)3年間放置してきた。)
蓋を開けてみれば「悪性腫瘍」だった訳で、大いに後悔をしています。
3年前(2004.08.11)の「組織検査報告書」には確かに「血管外膜細胞腫もしくは血管由来の良性の腫瘍性病変」と記載されています。
3年間で違うものになってしまったのか、当時の認識が甘かったのか、結局、今となっては分かりませんが
もし3年前のあの時に摘出をしていれば、もっと簡単な治療ですんだかもしれない・・・
「ガン」という病気への認識も早くから高まり、生活その他諸々気を付けて今回の「肥満細胞腫」に至らなかったかもしれない・・・
「しれない」「しれない」「しれない」「しれない」・・・・・・・・・・
何も確定的なことはないけれど、「・・・しれない」と思ってしまう限り後悔はとめどなくて・・・

話がすっかり脱線してしまいましたが、結局現状ではどうするべきか決めることが出来ずに回答を延期しています。
(摘出となっても、そのための開腹部分が今回の放射線照射部分と重なるため、
 放射線治療完了後1~2週間後の手術となりますので、まずはゆっくり考えてみて下さい。とのこと。)
ちなみに、M先生に「先生の愛犬でしたら、先生はどうなさいますか?」と訊ねてみました。
M先生は少し考えた後に「僕だったら摘出すると思います。」と答えて下さいました。

考え考え考えあぐねた結果、セカンドオピニオンをとりたいと思います。
今週中にも再度CTを撮るとのことでしたので、その後セカンドオピニオンをとりたいと伝えました。
元々通っていた地元の病院から、セカンドオピニオンとしての南院長先生の意見をと門をたたいた「南動物病院」です。
再度、セカンドオピニオンを希望することになるとは思ってもいませんでしたが
摘出するべきか、動向観察するべきか、イロイロな先生にぜひとも意見を聞いてみたいと思ったのです。



本日はお会い出来なかったので、M先生宛てにお願いのお手紙を託してきました。
(JPG変換していますので読みづらいですが・・・)
もちろん、この手紙に対する回答、意見はまだいただいておりませんし、
診察を受けたいと考えている3病院についても、セカンドオピニオンとしての診察が可能かなど未確認です。
何よりも、今週のCTの結果を見てからということにはなりますが・・・・・

どうぞ、このブログをご覧になっていただいているみなさまにもぜひともご意見をお伺いしたいと思います。
もちろん、何が絶対に正解なんて答えがないことはよくよく分かっています。
「私ならばこうする。」「うちのわんこにならばこうしたい。」などの意見でOKなのです。
一人でも多くの方の意見を聞かせていただき、参考にさせていただきたいと心より願っています。
一人では何も決められない、本当に情けないママです。どうか、どうか知恵をお貸しください。


(長々と構成もままならない文章、最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。)





人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


昨日の減食のストレスか?今日のさくらは朝からハイテンション!
いつもの公園にお散歩に行くと、石を拾っておおはしゃぎ♪
以前は石で遊ぶのが大好きだったけど、年をとってからはあまり石にも興味を示さなかったのに・・・

0909-1.jpg
大っきいの拾ったね~!



ね、投げて!投げて!と催促するさくら。はいはい。投げたらいいのね┐(´ー`)┌

0909-7.jpg
さくちゃん、はやいはやい~っ!


最初の手術からこっち、なるべく走らさないようにしてたから、こんなに走ってるさくら見るのも久しぶり!
こんなに元気なのに、身体の中に2種類ものガンが潜んでるんだ・・・と思うとまたブルーになってくる・・・
ハッ!いけない。いけない。せっかくの日曜日なんだからニコニコ笑顔で楽しく過ごそうね!


お昼には、かあさん(ママのママ)が来るというので、すぐ隣のおばあちゃんのお部屋にお昼ごはんを食べに行きました。
おばあちゃんは満90歳。認知症を患ってはいるもののその症状は軽く、
腰も曲がっておらず健脚な上に食欲もとても旺盛、身体は至って元気です。
さくらもおばあちゃんにあやかって、元気で長生きしようね!!!
0909-12.jpg


TVののど自慢を見ながら(おばあちゃんの定番です!)お昼ごはんのあとはおしゃべりタイム!
なぜだかわんこ泥棒の話になって「うちのさくらを盗っちゃだめだめよぉ~!」って無理やり抱っこ中(笑)
0909-14.jpg
みんな見てるよ~!

ご機嫌で遊んでるとこを無理やり抱っこしたので嫌がるかと思いきや、まんざらでもないお顔で喜ぶので
またまたうれしくなっちゃうママなのでした(*´▽`*)(←またしても親バカぶり発揮中。)



0909-9.jpg
そうだね。また頑張ろうね。

今回はみなさんにお訊ねしたいことがあって更新しました。
さくらの健康のためにサプリメントを考えているのですがどうなんでしょう?
イロイロ自分なりに調べてもみたのですが、正直、情報が氾濫していて何が良いのやら悪いのやら・・・って感じです。

今、気になっているのは下記の商品などです。
もしこれらの商品について情報、評価などご存知でしたら、ぜひお教え下さい。

アガペットゴールド
ドッグサプリ(ガン)
びわまる
サプリゴッド
久光製薬AHCC
セサミンEプラス


その他についても「ガン抑制」「免疫力アップ」に有用なサプリメントや食品について
情報や評価などご存じでしたら、ぜひぜひお教え下さい。

「ガン封じ寺」「ホメオパシー」「気功」などなど、効果が期待できるものならば
ワラにもすがる思いで、何でも試してみたいと思う今日この頃・・・
(今、おかしな宗教の勧誘にあったら一発で陥落やな・・・汗)




人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


穏やか過ぎて嘘みたいな二人きりの土曜日です。
目が覚めると、今はまだ7月で、これまでの事はぜ~んぶ忙しすぎたママの見た夢だといいのに・・・



朝のお散歩から帰って、朝ごはんを食べた数時間後に少し吐いちゃいました。
何も変わった物は食べさせてないし、朝ごはんの量だっていつもと同じくほんのチョッピリです。
食べた物の3分の1くらいを胃液と一緒に吐いたみたいで・・・
慌てて病院にTELすると、M先生が対応して下さり
「元気なら様子を見てみましょう。夕食の量をほんの少しにして、吐かないようでしたら追加であげて下さい。」
って・・・  なので、食いしん坊さん、今日はおやつ抜きです。
ママにさんざんひっつきまわって催促したけど、もらえないと分かって激落ち込み中です(笑)
0908-5.jpg
ごめんね~。でも仕方ないんよ(´・ω・`)



0908-7.jpg
そして、フテ寝です。

か・・・かわいぃ(*´▽`*)も~足がかわいすぎる!!!
何なんでしょう、この警戒心ゼロのあけっぴろげな寝姿は(笑)
だいたい犬の祖先は“オオカミ”っていわれてるけど、一体この子のどこにオオカミの血が流れてるんだろ?
オオカミの血どころか、野生の血の一滴も流れてなさそうな気がする(笑)


そして夕食はいつもの4分の1の量を早めに食べました。
量があまりにも少ないので、皿まで食べるんじゃないかと思うほどの勢いでものの30秒で完食。
あまりに量が少ないので、お皿のすみからすみまでなめまわしても納得できないらしく、不満顔のさくらちゃん(笑)
0908-12.jpg
吐かなかったら、夜遅くにもう一回ごはんだからね。


チョンと組んだおてて、あ~・・・なんてキュートなのぉ~(≧∇≦) って、完全に親バカブログになってますね・・・(失礼)
さくらのお得意のポーズ。フセの姿勢でくつろぐ時によくこうして手を組んでるんです。


そういえば、さくらは女の子なのに足をあげておしっこします。マーキングもすごく頻繁にします。
0907-3.jpg
これって変なん?





悪夢の水曜日から2日が経って、今日は待ちに待った金曜日。
胸部の「肥満細胞腫」への放射線照射は水、木、金と問題なく終了し、残すところあと5回となった。

腕の「神経鞘腫」について、再度M先生と相談した結果、やはり放射線治療を試みることにした。
拡大手術は不可で完全を求めるならば断脚が選択肢に挙がってくるけれど、このかわいい手を切っちゃうなんてとても考えられない。
もちろん命と引き換えであれば、それも仕方のない決断だけれども、
もしその前に出来ることがあるならば、まずはそちらを試みたいという思いです。
「神経鞘腫」は「肥満細胞腫」ほど放射線に感受性が高くないらしいけれど、治療後の生存率という意味では実績を上げているとのこと。
これで、入院は1~2週間延長・・・水入らずの穏やかな生活はまだまだお預けの様です・・・
どうか、どうか放射線がさくらの身体のガン細胞に最大限有効に効果してくれますように。

診察室でM先生と話す間にも、また泣いてしまった。涙が止まらない。悲しさが押さえられない。
「早く帰ろう!」と出口を陣取っていたさくらが、心配そうに寄ってきて、泣いてる私の顔を覗き込んで頬をなめてくれた。
「さくちゃんはかしこいから、お母さんが暗くなってると顕著に感じてしまうから!」ってM先生。
さくらになぐさめられて、M先生に励まされて・・・情けないママです・・・_| ̄|○

0903-3.jpg
そうだよ。おうちに帰ろうね!


今日はお昼のお迎えだったので、お散歩いっぱいしながら帰っても夕方にはおうちに帰れそう!
0907-1.jpg
病院の近くの田んぼでくんくん♪


山陽自動車道路「三木サービスエリア(下り線)」のドッグランにも寄り道♪
ママはここで遅いお昼ごはん!ロッテリアのバーガーで手軽にすませます。
0907-5.jpg
言うと思ったよ(;´д` )

そう思って、ちゃ~んとおやつ持ってきたからね!(かぼちゃ&ささみジャーキー) 一緒に食べよう!
0907-7.jpg



いっぱいの病気を身体に抱えていて、これからどうしていったらいいのか、不安だらけの手探りの状況だけれども
泣いても落ち込んでも、決して好転しないのだから、せめて一緒にいられる時間は笑って過ごそう。
さくらが少しでもうれしいお顔でいられる様に、元気でいよう。笑っていよう。さくらが安心できる強いママでいよう。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ さくらとママのラブラブディナー♪ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

dinner.jpg
ガンに打ち勝て!愛情ごはん&レトルトパスタ(汗)

〔さくら〕
ドライフード(アイムスシニア)・湯掻き野菜のみじん切り(チンゲン菜、もやし、ひじき)・
特製ミートボール(ささみ、メイタカレイ、レバー)・チーズ

〔ママ〕
パスタを湯がいて混ぜるだけのレトルトたらこスパゲティ(汗)


手間も単価も明らかにさくらの方が上です(笑)なんたって我が家のプリンセスですから!!!


9/5(水)10:47

南動物病院 M先生よりTEL。
どうしたんだろう?こんな時間に・・・(いつもの電話は夜です。)
さくらに何かあったんじゃ?と心臓がバクバク・・・
「先日、摘出した腫瘍の病理検査結果がきましたので報告です。」とのこと。

以前にも書いた肘の出来物
(3年前に発見し、細胞診により「良性腫瘍」と考えられるので、摘出は見送ってきた。)
0816-3.jpg


結果は「神経鞘腫」(軟部組織肉腫の一種で悪性腫瘍とのこと。)

まんがのヒロインがクラクラとめまいを起こすシーンを地で演じてしまった。
目の前が真っ白になって固まってしまった。それからめまいがして座っていた椅子から落ちそうになった。
ウソやろ?良性やって言われたから3年間もほってたんやん・・・
なんでなん?なんでさくらなん?なんでさくらばっかりこんな目にあうのん?
頭の中をイロイロな思いがグルグルめぐって、何も考えられない。パニック状態に陥る。
電話口で泣きだしてしまった私は
「お母さんが悲しんでると、さくらちゃんは賢い子やからすぐに察してしまうから」
「まだ手段がないわけじゃないんだから、もっと前向きに戦う姿勢でいきましょう。」
などと、M先生に励まされ「よろしくお願いします。」と言うのがやっとだった。

これまでの経過を考えても、これが悪性腫瘍であったことには驚いている。
「神経鞘腫」は境界が不明瞭で至って浸潤しやすい腫瘍である。
摘出の際のマージン(約1mm)は不十分で、今後の再発の可能性は非常に高い。
また可能性は低いが遠隔転移も考えられる。
「神経鞘腫」も放射線に感受性があるので有効な効果が期待できる。
胸部の放射線照射に加えて、肘にも合わせて放射線照射することが可能である。

などなど・・・(本当はもっと丁寧にお話して下さったはずなのですが、パニックに陥ってたのでこの程度しか覚えていません。)

胸部の治療が比較的良好で、当初の情緒不安定な状態からも立ち直りつつあった最近でした。
この病気は完治できる。と信じて、ただ目下の最大の悩みは入院中のさくらのメンタル的なことだった。
それも半分を終えて、あと2週間で不安のない幸せな生活に戻れると信じていた。
(本当は放射線治療後も半年は再発に十分な注意が必要と言われていたが、目下のところは19回の放射線照射完了が目標だったので・・・)
治療半ばで浮かれてた(わけじゃないけど、少し緊張感に欠けてたのかも・・・)もんだから
意地悪な悪魔に「そんな上手くいくと思うなよっ!」って地獄につき落とされたような気持ちです。
まだまだ闘いはこれからで、今、意気消沈している場合じゃないって分かってるんだけど・・・
分かってるんだけど元気が出ない。どんなに自分に言い聞かせても奮い立たない。重いよ・・・身体も心も。




人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


そうでなくても憂鬱になりがちな月曜日・・・ママはますます月曜日が嫌いになっちゃうよ・・・(´・ω・`)
早朝ゴソゴソと出かける準備。目的地はもちろん三重県「南動物病院」。
大好きなお散歩だと思ってはしゃぐさくらが切ない。
お散歩じゃないんだよ。また病院に行って、さくらを置き去りにしなきゃいけないんだよ・・・(涙)
1時間も車に乗っていると察するのか、横顔に悲壮感がただよう。(気がする・・・)

0901-9.jpg

回数を重ねるごとに、片道4時間の旅が身体に応える・・・でも、さくらはもっともっときついんだろうな・・・
まだまだ弱音なんか吐いてる場合じゃなかったよ。これからどんな苦難が待ち受けてるか分からないんだし・・・


9/3(月) 20:28

南動物病院 M先生よりTEL。
第10回目の放射線照射も問題なく終了したとのこと。
朝の血液検査で脱水症気味だったので、点滴をしながらの照射だったことなど報告を受ける。
週末帰宅の際に下痢気味だったのが気になっていたのだけど、特に問題はないとのこと。

今朝まで一緒にいたのに、今は一緒にいない。ママは淋しいよ・・・
さくらは淋しがってないかな?淋しがってないかな?淋しがってないかな?

9/4(火) 20:19

南動物病院 M先生よりTEL。
第11回目の放射線照射、問題なく終了とのこと。
肘の傷の治り具合も順調で、気になっていた下痢も本日はなく、きれいな便だったとのこと。

さくらのいないおうちにママはまだ慣れてないんよ。いつまでたっても慣れそうにないんよ・・・(涙)
夜中に目が覚めても、さくらを踏まないようにベッドからソーッと足を下ろしちゃう・・・
つけっぱなしのTVで大きな音がするたびに、さくらがビックリしてるんじゃないかって、いつもの場所をみちゃう・・・

ママがパソコンの前でビール飲んでたら、いつの間にか起きて「何か美味しいモノ、一人で食べてるんちゃうん?」
みたいな目して、いつもの場所からジーッと見てたさくら。
「もうっ、そんなに見てたら飲みにくいよっ!何も食べてないから、はよ寝なさいっ!」
っていつも言ってたけど、今はそんなさくらの視線がないと淋しくってしょうがないんよ・・・

0825-27-2.jpg


早く元気になって帰っておいで。早く帰ってきてママをいっぱい困らせてよ。
いっぱい美味しいもの食べよう。いっぱい楽しいうれしい思い出作ろう。その愛らしさで、いっぱいママを癒してね。

朝8時、ゴソゴソと起きだして服を着替えたり、歯みがいたりしていたら
寝そべったままでその様子を眺めていたさくちゃん、何か気付いたみたい!
09021.jpg
期待いっぱいの視線で見つめるさくちゃんw


はいはい┐(´ー`)┌
「お散歩」という言葉に反応するさくら(言葉を覚えてるのか、態度で分かるのか?)
「じゃお散歩いこうか?」って言ったら、速効で飛び起きて玄関でスタンバイ。
それからゴソゴソと日焼け止め塗ったり、虫よけスプレー吹いたりしていようもんなら
「遅いっ!なにそんなん今頃やってんの?早く!早く!早く!早く!早くっ!」ばりの猛さいそく(汗)

だから、気付かれないようにこっそり準備をして万端整ってから「お散歩行こっ」って言おうと思ってたのに・・・
こんな時だけ、すっごいカンがいいのね(苦笑)じゃ、お散歩いこっか?


手術後の肘が気になるのか、車の乗り降りがちょっと不便そうなので、今日は歩いて行ける近所の公園に・・・
町中の公園なので人通りも多く、車の音や自転車の音が気になっちゃうんだけど仕方ないねぇ・・・
09022.jpg
やっぱり、そこら中をくんくんしてます(笑)


おうちに帰ったら、早速キッチンに直行!朝ごはんのさいそくです(汗)ったく忙しい子だこと(;´д` )
今朝は“かぼちゃ”“チーズ”“大豆”のヘルシー朝ごはん!&術後、左肩の炎症を抑えるための抗生物質も飲まなくちゃです。
bf.jpg

さくらが退院したら、完全手作りごはんにしようと思っている。(今はフード&手作りごはんです。)
和犬はお肉よりもお魚中心のごはんがいいとも本で読んだ。
栄養とかカロリーとか、まだまだ、いろいろ勉強が必要だなぁ~・・・


お昼に夏カレー(もちろんママ用)の差し入れを持って遊びに来たかあさん(ママのママ)に
「さくちゃん、明日からまた頑張っておいでよっ!」
って言われて、明日はまた病院って現実を思い出して、一気に落ち込む・・・_| ̄|○
0901-17.jpg
そ、そうだったね・・・楽しいから忘れてたね・・・(涙)

泣きたいのはママも一緒だよ・・・(涙)
もういいよ!明日のことは明日!泣かないで今日は忘れていようよ!
今日のおやつは“デンタボーン”だよっ!うれしいでしょ!?
ね!また夕方涼しくなったらお散歩行こうね!お散歩好きでしょ?ね!ね!ご機嫌なおしてよ!
0901-21.jpg
もう泣いてないよっ!

ご機嫌がなおって良かった♪ママはさくらがニコニコの方がうれしいんよ!
まだまだ今日は長いからね!いっぱい遊んで、いっぱい美味しいもの食べようね!





やっぱりおうちが大好きねぇ!ママとずっと一緒でうれしいねぇ~(*´▽`*)

09011.jpg
お昼寝中をちょっと失礼!ママはさくらにまた何か出来るんじゃないかって心配でいっぱいなんよ~(´・ω・`)

午前中はおうちでいっぱいゆっくりしたから、そろそろお散歩行きたいよね~。
最近はちょっと涼しいから、お昼もお散歩に行けてうれしいね~w
09012.jpg
エレベーターに一番に乗り込み、急かすさくちゃん♪




09015.jpg
 09016.jpg
1週間ぶりの公園、あっちもこっちも、くんくん中!




09013.jpg
そうねぇ~。お散歩は気持ちいいねぇ~。さくらのうれしいお顔みてるとママもうれしいよぉ~!
これからも、いっぱいいっぱい一緒にお散歩しようね~!!!


これまではママの出張の便宜上、タイマー式の機能的な容器でごはんだったけど、
これからはいつも、ママと一緒ごはんなのでかわいぃお皿を買いましたw
osara.jpg
透明な方はお水用、ハートのはごはん用。
ハートのは、サイズ的にちょっと小さい気がしたんだけど、あまりのかわいさに秒殺されました(笑)
おうちに帰って試してみたら、山盛りになっちゃうけど、どうにかいけそう♪
「PRINCESS」って書いてあるのもグッド♪まさに、さくらは我が家のプリンセスですもの(*´▽`*)

もしいつか、目が見えなくなってしまったら、生活の全てをにおいと感覚に頼るので
使いなれた食器や、物の場所などを変えない方が良いって、最近ある本で読みました。
放射線治療の副作用として「白内障」を患う場合があるそうです。
もちろん、そうはならない事を心から願ってはいるけれど、
もしそうなってしまった場合にも、出来るだけさくらが不便なく生活できるようにしておきたい。

このキュートな食器が、さくらにとってはきっと最後の食器になるはず。美味しいものいっぱい食べようね!


新しい食器での初めてのごはんの用意をしている時のこと(さくらはいつものごとくキッチン覗き込んで早くっ早くって猛さいそく。)
携帯に仕事の電話がかかってきて数分話してたら「ごはんの支度を早くしてよって!」とばかりに、すっかりおかんむりのさくらちゃん(汗)
09014.jpg
そんな怒らんでも・・・眉間にしわよってるやん(汗)




待ちに待った金曜日。一人290kmドライブはとっても淋しいけれどあと少しでさくらに会えると思えばワクワク!
近況の報告をいただいて病院を後にしたのは午後6時。まだ明るいからどこかでお散歩しようね!

0831-1.jpg

ニコニコ笑顔だけど、まだ腕の手術後2日しか経ってないのだし絶対に痛いはず・・・(足、ひこずってるし・・・)

M先生に、傷口はもう乾いているので包帯&テーピングはかいたり噛んだりしないためですから
もしずれてしまったら、ご自宅で包帯など巻きなおしてもらっていいですよ!と言われてたが
病院を後にして30分後にはすでに傷口が出てきてしまった(汗)

0831-2.jpg


こんなに大きな傷なのに、きっとすっごい痛かったのに、泣かずに頑張ったんだと思うと改めて涙がにじんでくる・・・


長距離ドライブに疲れないように、途中3回短いお散歩をして、やっとおうちにたどり着いたのは午後10時前。
途中でおやつに大好きな“かぼちゃ”を食べただけでおなかはペコペコ。
まずはベッドの様子(位置とにおい?)を確認だけしたら、キッチンに直行!(笑)
お出かけグッズのお片付けをしてるママに「早く!早く!」と急かしたてて、慌ただしく晩ごはん。
食べ終わるや否や、まさに秒殺!バタンキューzzz やっぱり疲れてたんだよね・・・

0831-3.jpg


いつもの様に長~くなって眠るさくらは身体中が痛々しい(涙)
環境の変化のストレス(?)で炎症をおこしてしまった左肩と、放射線治療のためのマークが施された胸部。
(良性と思しき)腫瘍を摘出した直後の左肘の大きな傷跡・・・

そんな姿を見ていると、再びみたびと不安になる。
私の決断は間違ってなかったのだろうか?このままメスを入れることなく自然に任せた方が良かったのじゃないだろうか?

先週金曜日(8/24)、南動物病院M先生より放射線治療の様子の画像を頂いた。
私が、施設、治療の様子をとても気にしていたからだと思う。
1週間この画像を見ながら、毎日午後になると(放射線照射は毎日13時~16時の間に行われます。)胸の前で指を組んだ。
ちなみに私は無宗教です。ただ、藁にもすがりたい気持ちは自然と胸の前で指を組ませました。

housyasen2.jpg

housyasen1.jpg
(〔注〕画像の公開については許可をいただいております。)



片道290kmの道のりは決して楽ではないし、高額な医療費も応える。
だけど、この病院に決めて良かったと思うのは、やはり毎日の電話連絡にしろ、この画像の提供にしろ、
神経質になってあれもこれもと不安を抱える無知な私にも、真摯に丁寧に対応し不安を和らげて下さるスタイルと
何よりも本当にさくらの事をかわいがって下さっているであろう様子。
(様子っていうのはとてもアバウトですが、M先生がさくらについて語る際に使う言葉の一つ一つや
さくらがM先生に対する目線や対応などでそんな風に感じます。)


【ちょっとうれしかったこと】
M先生との接見後に受付で経理的なお話をしている時のこと。
さくらは私の足元にお座り(もどき)、ふと見ると傍らに立つM先生がさくらにとても優しい微笑を向けていてくれたこと。
その微笑の意味は分かりませんが、とても眼差しが優しくてさくらをとても大切に思って下さっている様な気がしました。
(いつもは情緒不安定なママとの対応なので、とっても厳しい表情です。)
「いっぱいママに甘えておいでね!また月曜日から頑張ろうね!」っていう様なアイコンタクト(だといいなぁ・・・)!?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。