「肥満細胞腫」と「神経鞘腫」(どちらも悪性腫瘍)の治療のための3度の外科手術に高額な放射線治療・・・絶対に負けないさくらとママ(飼い主)の闘病記

~PROLOGUE~

 7月のある朝でした。
 その日はとってもお天気の良い日で、大っ嫌いなシャンプーをされていました。
 身体中、泡だらけでシャカシャカされてる時に、ママがあたしの胸の辺りに触れて

 ママ:「ん~~?何これ~~~?さくちゃん、ここに何か出来てるよぉ~!」
 さくら:「え~っ?何ですか?何ですか~?あたし、何ともないんだけど~(汗)」

 そして数日後、針生検(ニードルバイオプシー)による細胞診を経て
 肥満細胞腫(悪性腫瘍)」と診断されたのです。
 かくして、泣いてばかりのママと、絶対負けない私の闘病生活が始まったのでした。


 ■「これまでの経過」 これまでの闘病経過を一覧で提示しています。
 ■「治療費用について」 これまでの治療費用を一覧で提示しています。

リンク参照:児玉どうぶつ病院

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢を見た。どんな夢かというと・・・

tc.jpg
添乗員時代の私の姿をさくらに見せたい!


・・・という内容。
で、なんでそんな夢なのかというと・・・

寝る前に読んだ犬の飼い方ハウツー本(市立図書館で借りた)
に書いてあった“犬=群れなす生き物”に影響されたと思われる。


さくらの考える“我が家のボス”は、
たぶんわたし・・・?(ちょっと弱気・・・)
だけど、きっと心の中じゃ・・・

0125-1.jpg

なんて思ってるんじゃないかと・・・
そんな、さくらもきっと
大勢のお客さんを誘導する私の姿を一目見たなら・・・

0123-1.jpg
組長って、あんた・・・^_^;



と、ここまでが全て夢で
目が覚めると、なんだかやけに窮屈・・・
それもそのはず・・・
右手にはさくらの前のおててが絡みつき、
(私の右手に、両手で抱きついてる形)
頭はさくらの後ろ足に蹴られてる・・・(汗)

写真がないのがあまりに残念なんで
図解でどうぞ!

IMG.jpg
稚拙な絵で失礼・・・幼稚園児並です・・・(汗)




あー・・・せめて夢の中ででも
威厳を誇示したかった理由はこれだったか・・・(;´д` )

別にママは弱小チームのダメダメリーダーでも全然かまわないんで
もうちょっとだけ寝相良く寝られませんか、さくらさん?













クリックしてくれるとしっぽブンブンよろこんじゃうw人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。




スポンサーサイト
今日(1/30)は久々のいいお天気!
お日さまも、とても謙虚にだけど照っているし♪
いつもの公園に行くと昨日の雪がまだ残ってる!!!
残念ながら、前回は撮り損ねてしまった
雪の中、犬のようにはしゃぐさくらの姿”(って犬ですやん^_^; )
激写に再チャレンジしてみますか^^


右手に雪の玉(冷てーー!)、腕にはリードを引っかけて
左手にカメラ(もちろん手袋なし・・・)、腕にはお散歩バッグ引っかけて
という、不便、不都合極まりない体制での無謀な撮影会。
(地面は濡れてるので、どれも下には置けないし・・・)
連写機能を使って、どうにか撮影したジャンピングさくら♪


0130-6.jpg



0130-7.jpg



0130-9.jpg



0130-10.jpg



0130-11.jpg



ママの投げた雪の玉を
取ろうとしてるのか?食おうとしてるのか?
ジャンプして頭突きをくらわそうとするさくらさん(笑)

闘病中12歳。でも、まだまだ若いし元気、元気!!!
こんな華麗なジャンプだってご披露出来るんですからwww




その後は、お決まり!
ちっちゃな銀世界に名前を刻んで(笑)

0130-12.jpg
わたくち、こういう者ですが・・・


(その日の午後、訪れたら、もうすっかり雪はとけちゃってました。)



誰かが作った雪だるまさんと対面して・・・
0130-13.jpg
そんな好戦的に挑まんでも・・・^_^;(弱そうな奴には、めちゃめちゃ強気やな・・・)





午後のお散歩も済ませて
さくらさん、現在ぐっすりとお昼寝中です♪
そんなのどかな一日だったのでしたwww
(ブログ更新してないで仕事しろよ!ってか・・・汗)














さくちゃんのかげもお耳がピンッ!ポチッてよろしく~♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。

     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

我が家の愛娘、名前は“さくら”。
世界で一番かわいい子。(親バカ炸裂!)
溺愛に溺愛を重ね続けて12年。
どうやら“さくら”という名前以外にも
自分の事!と思っている言葉がいくつかあるらしい・・・



お友達のTちゃんとドライブした時のこと。
後部シートから荷物をおろそうと二人してゴソゴソしてた時
同じ駐車場内で見掛けた、晴れ着姿の女の子(推定2~3歳)

マ:「ありゃ~あれ見てー!かわいいなぁー!
T:「うわ~ホンマじゃー!かわいいー!

と、助手席でウトウトしかけてたさくらさんが

0127-2.jpg


え!?全然、呼んでませんけど・・・・・・・(汗)



どうやら、さくらさん「かわいい=自分のこと」と理解しているらしい^_^;




そして同じくTちゃん。
ドライブの後に我が家に来て
まったりおしゃべりをしていた時のこと。
話題の中心は、Tちゃんの会社の新入社員(21歳/男)くん。


T:「それがなー、見かけによらずいい子なんよー!
マ:「へぇー、めずらしいなぁ、今時そんないい子。

と、おやつに夢中だったさくらさんが

11.jpg


あはははは~┐(´ー`)┌
さくらの中では「いい子=自分のこと」らしい。




ホンのちょっと(?)自意識過剰気味な我が家の愛娘。
でも、そんなさくらさんが愛しくて愛しくてやまないママなのでした(笑)
もちろん、さくらさんが世界一ですよん♪












さくちゃんのあたまの上のかものはしさん、ポチッてよろしく~♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。

     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

突然ですが、私、喫煙者です。
が、お部屋の中ではたばこを吸いません。
もちろん・・・

0128-1.jpg
愛しいこの子に副流煙を吸わせないため!







じゃ、どこで吸うのかというと・・・
tabako.jpg
玄関前に作った特設会場





が、厳しい寒さが続く今日この頃・・・
odoriba.jpg
しかも玄関前(踊り場)は吹きっさらし・・・・・


さ・・・寒すぎる・・・
サッと吸って、サッと部屋に入ろうと、大急ぎで吸う。
ストローの早飲みゲーム並みのスピードで吸う。
なので、たばこの先がいつもとんがってます^_^;

tabako2.jpg



早くあったかくならないかなー?
(ってか、そこまでして吸うな!って?・・・汗)


CIMG0005.jpg
さくらのママ@ホタル族頑張るよ(T_T)














ぶた鼻ポチッてよろしくです~♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。

     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

昨年(2007年)の7月、悪性腫瘍“肥満細胞腫”の発症、摘出手術以来
さくらの食事は、それまでのドライフードから
完全手作りごはんに切り替えてました。
あれから、はや半年が経ちましたが試行錯誤は未だ続いています(笑)


基本は作り置き可能な「野菜ペースト」さん。

必ず入れるのは「マッシュルーム(消臭効果/シャンピニオン)」
マイタケ(免疫力アップ/D-フラクション)」「えのき(免疫力アップ/レンチナン)」
小松菜(カルシウム、ビタミン豊富)」「ニンニク(疲労回復/スコルジニン)」

その他は旬の野菜とかを、その時々でだいたい10種類くらい。
圧力鍋で湯掻き、フードプロセッサーでペーストに。
pest1.jpg
ジップロックコンテナで冷凍保存





これに良質な動物性タンパク質。
最近、一番良く出るのはとり農園の丸ごとミンチ!
骨ごとのミンチなのでカルシウムも摂れてうれしい♪
もちろん、生食でいただきます♪

あとは自家製の鶏のむね肉&骨ごとアジ(イワシ)のミンチ!  
これはミートボールやハンバーグにして食べますw


0125-5.jpg
今、さくらのごはん紹介してるんだから、もうちょっと待っててねー♪



それからお魚のおさしみもよく食べますよ。
マグロやカツオやサーモンなど・・・・・
先日、初体験した馬肉も大のお気に入りのご様子なので
これからはドンドン食卓に上がる予定です♪


あと日常的に食べているのは
おとうふ、納豆、たまご、ヨーグルト、カッテージチーズなど・・・
(市販のチーズはどれも塩分が多いので、
 なるべく塩分の少ないカッテージチーズを選んでいます。)
中でも、温泉たまごは大好物です!
0124-food1.jpg
温泉たまごがのっかってるだけでテンション↑↑↑です♪


 ※たまごの上に野菜ペースト(緑の)がついてたり
   お皿のふちから野菜ペーストがはみ出してたりする
   大雑把さは見なかったことにしといて下さい。    by.さくらのママ@これでもA型




あとは栄養補助のために
イリボシパウダー」(カルシウム補給)。
 ※無塩のイリボシをフードプロセッサーで粉末にして食事に混ぜています。
きなこ」、「黒ゴマ(すりおろし)」「シーオーガニック(旧シーミール)」、
それと先日も紹介した「AHCCイムノエース」の5種を毎日摂っています。

〔注〕うちではサプリメントの使用の際には、
   身体に耐性が出来すぎてしまわないように定期的にお休みを取っています。
   2週間使用して1週間休み、1ヵ月使用して2週間休みなど・・・
   「シーオーガニック(旧シーミール)」をお休みの時には
   代替えに「自家製ミネラルパウダー」を。
   (ひじき、こんぶ、わかめ(全て無塩)を天日干しし粉末にしたもの。)
   「AHCCイムノエース」をお休みの時には「たもぎ茸」を。



おやつにはフルーツ全般、よく食べます。
バナナ、リンゴ、アボカド、ナシ、イチゴ、キウイ、パイナップルなど
(パイナップルはアレルギーのある子も多いようなので要注意!)
最近、凝ってるのがおからクッキー♪

okara.jpgおからクッキーレシピ
〔材料〕
おから200g、片栗粉50g、
スキムミルク15g、たまご1個
〔作り方〕
材料を全て
混ぜ合わせてねりねり♪
お好みサイズにカット、
もしくは型を抜いて
オーブンへGO!!!
(170度で30分)

※お好みで甘味料や
(うちは100%サトウキビ)
すりゴマを入れると
さらに美味しく栄養もUP!




わんこの理想体重、栄養要求量などには多説あるので
そのいくつかを参考にして、オリジナル基準値を算出し
あとはさくらの体調と相談しながら(体調や体重の増減など)
現在も、試行錯誤は続いていますー!!!

長続きさせる秘訣は、あまり神経質にならないことかなー・・・
と最近つくづく思いだしました。
何よりも、さくらが美味しく食べられる事を第一に考えて、
その上で、栄養価が高く健康に良い食事をと心がけています。


0126-3.jpg
まかしとけ!!!


まだまだ、半年・・・手作りごはん1年生です。
どうぞ、みなさんのご意見、アドヴァイス聞かせて下さいね!












クリックしてくれたら、さくらはますます勉強家になるよ♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。


今日はうれしいお休みの土曜日。
ムニャムニャ言いながら起きだしたのは
もう10時も近くなっていました。

コラーゲンスープで身体ポッカポカになったら朝のお散歩です!
お休みの日は時間も気にならないので、心に余裕がある。
いつもなら、泥だらけになるから禁止の穴掘りも
こーんな穏やかな、ノンビリ週末ならOKです!!!

0119-1.jpg
どうぞー!(どうせ明日はシャンプーだしねー^m^)



0119-3.jpg
じゃ、地球の裏側まで掘ってみたらー?



0119-2.jpg
ま・・・まじですか?(汗)




って、ここ(岡山県岡山市)の裏側は・・・
ブラジル沖(海の中)じゃんーーー┐(´ー`)┌ (地球裏表MAP
あんまり掘ったら海水が噴き出すから、そろそろ帰ろう^^


アクティブな穴掘り姿(動画)はこちらでどうぞ♪







そんな土曜日のまったりブランチは・・・
0126-food1.jpg

野菜ペースト(イリボシパウダー、たもぎ茸パウダー、きなこ、すり黒ごま、AHCC入り)
ヨーグルト、マカロニ(カッテージチーズ&イリボシパウダー和え)、サーモン(生)




もちろん、サーモンからがっついてましたよん^m^
今日も美味しいうれしい♪ごはん大好き、おさんぽ大好き♪













クリックでてるてるさくらも元気百倍!人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

1/3“肥満細胞腫”の再発の後に、
衝動的に買いまくったモノたちが一気におうちに届いた。


まずは「AHCC」(18,900円)。

CIMG0001.jpg


耳にしたことのある方も多いと思いますが
何種類かのキノコの菌糸体を培養して抽出した
活性化多糖類関連化合物”を主成分にした
免疫強化を目的とする機能性食品」です。

一包は1.5gで33包が一箱。
今は1日に一包、ごはんにまぜまぜして与えています。





続いて、さくらも大好きなとり農園」のチキンたち!
飼料薬品、食品添加物“0”の安心安全チキンを
急速冷凍で新鮮なまま届けてくれます。
今回、購入したのは、生食用“骨ごとミンチ”です。
torinouen.jpg


骨ごとミンチ”には「首」「手羽先」「丸鶏」「頭」の4種ありますが
今回は「手羽先」(330円)と「丸鶏」(490円)を購入しました。
それと、造血を祈ってのレバーミンチ(490円)と
コラーゲンスープ用の鶏ガラ(126円)も一緒に買いました!



現在、さくらは生食にチャレンジ中!
先日の馬肉(雪つもったねー♪)から少しずつ、少しずつ生食に変えていってます。
早速、届いたチキンも生食でいただきましたよん♪
(内容量350gが12分割されているのでとても利用しやすいですw)
最初は少しずつね!(レバー29g+手羽先ミンチ29g)

0122-food1.jpg

緑のは野菜ペースト&おとうふさん♪
手前の白いのは鶏むね肉(ボイル)です!
もちろん、大喜びでアッという間に完食!!!
翌日、おなかこわすこともなくいーうん○でした!





そして最後に届いたのが「たもぎ茸」!
tamogi1.jpg

まだ、あまりメジャーではないきのこですが
多くのきのこに含まれるβグルカンが100g中20.03gと
アガリクス茸の2~3倍と言われています。
サプリ系の製品も多く発売されているようでしたが
今回は敢えて、「きのこ家族」にてたもぎ茸100%粉末を購入してみました。
「栽培にどのような薬剤を利用しているか?」とか
「製品への添加物の有無は?」とか
メールでの質問に、とても親切にご回答いただけましたので
初めての利用でしたが安心して購入が出来ました。



さくらの免疫力をUPさせるために私が出来ること・・・
美味しくて、身体に良いごはん。
昨年8月より始めた手作りごはん。
ママの試行錯誤はまだまだ続いています!!!

もっと、もっと美味しいもの。
もっと、もっと身体に良いもの。
食いしん坊さくらさんに、もっと、もっと食べさせたい!



今、気になっているのが「ハーブ」「雑穀米」などなど・・・
アドヴァイス、おすすめなどありましたら、ぜひぜひ教えて下さいねm(__)m












クリックしてくれるとさくらもうれしい♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

先日はさくらに処方された薬剤(イベルメクチン)について
イロイロなご意見、情報、アドヴァイス本当にありがとうございましたm(__)m
本当にこのブログを通じてたくさんの愛犬家、愛猫家の方々と知り合えて
こうして、たくさんの真摯な情報、意見をいただけることに
改めて感激し、感謝は尽きません。

さて、イロイロ試行錯誤した結果なのですが
いただいた薬剤を、南動物病院で指示された通りに投与することにしました。


まず、いただいた薬剤の製薬会社名、製品名は正しくは下記。

イベルメクチン注「フジタ」フジタ製薬株式会社

kusuri (2)



■“牛、豚(家畜)用の注射薬”を犬に投与することについて。

イベルメクチン」は馴染みの深い“フィラリア予防薬”の主成分ですが
ニキビダニ(毛包虫)、疥癬の治療のためには
フィラリア予防の際の約300倍の薬剤を投与するために
廉価な家畜用薬剤を使用することは一般的な事だそうです。
(イベルメクチンの注射薬については“家畜用”のものしか手に入りません。)


 ※死亡例については他のあらゆる薬剤についても
   可能性“0”ではないので
   特にこの薬剤にのみ心配する必要はないとのこと。
   (特にこの薬剤「イベルメクチン」については
   コリー種への使用は重大な副作用が起こる可能性が高いため
   死亡例などについてもコリー種に特定されたものでは?と推測される。)




■“注射薬を内服”することについて。

薬剤によっては、経口~消化管~血液の経緯を経ることにより
変質したり、効果がなくなったりするものもありますが
この薬剤「イベルメクチン」については注射薬を内服しても
そのような変質、効果の減少は見られないと一般的に言われているので
注射薬を内服用に処方する病院も少なくはないとのこと。

 ※注射薬は、あくまで血液に直接注入した場合に
   最高の吸収性を発揮するように作られていますので
   内服した場合には、注射する場合よりも吸収性は劣りますが
   注射よりも手軽で、投与しやすいという利点がある。
    注射・・・その度に通院し、医師による注入
    内服・・・自宅で飼い主によって投与が可能
   



また「家畜用の薬剤を犬に投与すること」「注射薬を内服すること
このどちらも国では認可されていませんので
使用は各医師の判断のみに委ねられています。
もちろん、万が一の際の責任は誰も取ってはくれません。

 ※動物実験のデータに則った科学的な根拠の元、国の認可を得た使用法の場合
   万が一の場合にはその副作用についてはメーカーが責任を取ります。


この部分について多少の不安が残らないではないのですが
もし何かあった時に、別に誰かに責任を取ってほしい訳ではないですし
やはり「悪性腫瘍」を中心に日本一の臨床数を誇る南動物病院
南院長、M先生については、私は大変な信頼を寄せていますので
一般的にも行われている手段で、しかも南院長の判断の元の処方であるならば
信じて、その指示に従おうと思っています。

 ※悪性腫瘍自体のための免疫低下、ステロイド利用のための免疫低下と
   ニキビダニ(毛包虫)症の発症に、多少でも関連の可能性があるかぎり
   南動物病院および南院長が、皮膚の専門医ではなくても、
   それなりの臨床数も有していることと推測しています。


また、南動物病院に私がお尋ねしたのは
頻繁な通院が可能な近隣の患者の場合でも同様の処置をしますか?
岡山県岡山市(さくらと私の居住地)から三重県伊賀市(南動物病院)へは
片道400キロ、4時間かけての通院です。
「3日に1回来院して下さい。」と言われれば、当然無理な訳で・・・

だから通常は注射により治療するところを
私の地理的なリスクを汲んで経口投与を指示したのであれば
さくらにとっての安全、効果を最優先したい私としては
またまた考えなければいけないところで・・・
(地元の病院でも治療可能と言われたけれど、
 こちら(南動物病院)で併せて!とお願いしたのは私ですので。)

ですが、南動物病院の回答は
通院可能な近隣の患者さんでも同じ処置をしています。
とのこと。ホッ・・・



さてさて、またしても小難しいことをツラツラと長々書いてしまいました。

ちなみに今回この件で、私が南動物病院にTELした回数、
この3日間で約10回・・・・・嫌な患者です^_^;
私が担当医なら「しつこいーーーっ!」ってヒスでも起こしそうです(笑)

決して、何もかもを疑ってかかっている訳ではないのですが
まずは、何をおいてもさくらの安全を第一に、二番目に有用な効果を。
最後に私の事情(時間、予算、その他)をと考えれば
全てを把握して、正しい情報を得て、十分に納得した上で治療、投薬したいと
ついつい何事にも過剰に反応、行動してしまいます。
(逆に気になりだすと、他の事が何も手に付かなくなってしまって・・・)
M先生、こんなしつこい私に付き合って下さってありがとうございましたm(__)m


最後に影もかわいい横顔さくちゃんでお口直し(お目直し?)どうぞ^^
0104-1.jpg










クリックしてくれるとしっぽブンブンよろこんじゃうw人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

昨日は、薬剤の件でイロイロなアドヴァイスありがとうございましたm(__)m
氾濫しすぎる情報に惑わされないように、しっかりと自身の目と耳で
正しい情報を得て、安心、安全、納得の治療をしていきたいと思います。


さてさて、今朝の岡山は雪景色ですー!
これ、県南(瀬戸内)ではとーってもめずらしいこと。
雪なんて、降っても年に1~2回、ましてや積もるなんて数年に一回のこと。

0121-3.jpg
いつもの公園も真っ白だよー!


足がベチョベチョになるのは嫌いなさくらさん、
時々かわいいあんよをペッペッてフリフリしながらも、めずらしそうにクンクン。
この不思議な物体に、ちょっぴりテンションも上がって
ママの投げる雪の玉に頭突きをくらわしてました(笑)


片手に雪の玉、片手にデジカメじゃなかなか上手く写真も撮れず
はしゃぐさくらの写真がないのが残念・・・・・
0121-6.jpg
努力の結晶^_^;





0121-5.jpg
じゃ、おうち帰ってヌクヌクしようね^^


その後、フットバス&アロママッサージでリラックスして
ごはんも食べて、今はご機嫌でお昼寝中でございます^^


そうそう。
久々のさくらめし(手作りごはん)ですが
とっても、いいモノが届きました!!!
basashi1.jpg
ずっと試してみたかった馬肉です!


低カロリーで鉄分、ビタミンが豊富。
しかも消化に優しいと、ちまたで大評判の馬刺しさん。
さくらさん、初体験です!!!

0120-food1.jpg


初めてなので、少しだけね。(50g)
お姫様、においだけで、テンションだだ上がり↑↑↑
気に入るかなー?身体に合うかなー?

0120-1.jpg
ものすごいがっつきぶり^_^; しまいにゃテーブルに乗りあがってました(笑)


食いつき最高!(がっつき過ぎです^_^; )
お姫様に気に入っていただけたご様子で、ばあやはうれしいよ^^
そしておなかをこわすこともなく、今朝もい~うん○が出ましたw
良かったねー!これからも、美味しいのもっともっと食べようね♪














さくちゃんのかげもお耳がピンッ!ポチッてよろしく~♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。

     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。



先日の肥満細胞腫摘出手術から2週間。
今日(1/19)は抜糸のために三重県伊賀市の南動物病院へ。
さわやかな良いお天気で、途中3回の休憩を挟み快適ドライブです!

何度も何度も痛い手術に苦しくて寂しい入院をしてきたから
さくらさん、すっかり病院嫌いです・・・

0119-5.jpg


待合室の椅子に腰かけるママの足の下に隠れてしまいました。
おしりもあたまも、のぞいてますが・・・^_^;


抜糸と血液検査、今後について南院長とお話もさせていただきました。
今回摘出した肥満細胞腫、グレードも低くマージンも確保されているので
今後は月に一回、検査をしながらの経過観察になるとのこと。


病理組織検査結果
   2008-1sindan.jpg
(クリックで拡大します。)


今回の病変は、前回の肥満細胞腫の転移なのか、新たな病変なのかは不明。
ただ、肘部の「神経鞘腫といい、脾臓の「線維組織球結節といい
さくらは悪性、良性とも“腫瘍”の出来やすい体質らしい。


このままでいいんだろうか?
今、私の頭におぼろげながら浮かぶのは“免疫療法”
まだ不勉強で何も分からないのだけれど、少し調べてみようと思う。



それから、一つ大変な事が・・・・・

カイカイが出来て地元の病院で治療を受けていたのだけど
殆どは良くなったのに、一部だけ赤味が引かない部分があったんです。
腰の辺りで、サイズは直径2~3センチ、
出来物もないし、本人も気にしてはいない。(かゆくないらしい。)
ただ赤味が引かず、カットした毛が伸びてこないのが気になっていた。
細胞を取り調べてもらったところが“ニキビダニ(毛包虫)”と診断される。




【ニキビダニ(毛包虫)】
犬の毛穴に巣食う、体長0.2~0.3ミリほどの寄生虫で
アカラス(アカルス)」「デモデックス」とも言われる。



【症状】
その症状は2つのタイプに分類されます。

A.局所型(別名:落屑型)
紅斑が出来たり、皮膚がポロポロと落ちたり、脱毛斑ができたりします。
慢性的に、極めて緩慢に病状は進行する。


B.全身型(別名:膿疱型)
 (1) 病巣がベタベタ(滲出液)し、湿疹様になり皮膚がただれる。
 (2) (1)で弱った皮膚に、二次的な細菌感染が起こり、
    かゆみや痛み(膿皮症)を増す。
    発症後、約1ヵ月で全身膿皮症となり、
    放置すれば、“気管支肺炎”や“敗血症”で死にいたることもあるのです。



【原因・メカニズム】
生後間もなく(数日以内)に母親より伝播する寄生虫で
ほぼすべての犬の皮膚に存在しているといわれています。
通常の場合は寄生していても発症はしません。(発症は30%と言われます。)
※成犬の場合、並行感染は殆どない。(多頭飼いなど濃密な接触がある場合には感染の可能性もある。)

発症の引き金となる要因は複雑で、まだ十分に解明はされていませんが
これまでの臨床例より「遺伝的素因」「免疫不全」「代謝疾患」「加齢
栄養状態」「ストレス」「発情」などが関連している可能性が高いと言われる。

また老犬の場合、“腫瘍”や“糖尿病”、“副腎皮質機能亢進症”や“甲状腺機能低下症”、
“アトピー性皮膚炎”などを患っている場合、発症しやすいという報告もある。
ステロイドなどの免疫抑制剤の使用により発症しやすくなる場合もある。)


【治療】
ニキビダニの発症は、幼犬に多く見られ、その90%は3~8週間で自然治癒するが
成犬、特に老齢犬になっての発症は、非常に厄介で完治が難しい。
老齢犬の場合には、積極的な駆虫が必要となってくる。
駆虫には下記などが有効とされています。

■殺ダニ剤の定期的投与
■薬浴
■薬用シャンプー
■抗生剤の投与


まず“殺ダニ剤”は、一般的にはフィラリア予防薬と同じ薬を
フィラリア予防の何百倍もの容量、定期的に投与します。(経口投与、注射など)
代表的な薬剤は“イベルメクチン”(錠剤は「ストロメクトール」が有名。)

また薬浴は、殺ダニ剤(農薬)の“アミトラズ (日本では適用外)”を使用することが多いようです。

薬用シャンプーは「サリチル酸」「過酸化ベンゾイル」などの有効成分が配合された物が良い。



〔注〕上記は、成犬の場合の症例、治療などのみについて記述しました。
   幼犬、仔犬には該当しない記述もあります。



Dr.モーゼの獣医学ノートより
寄生性皮膚疾患 ~ニキビダニ(アカラス)症、疥癬~」に
「ニキビダニ(毛包虫)」について、とても詳しく書かれていています。
(上記、記述の際にも参考にさせていただきました。)

その他、参考サイト
gooペット(ニキビダニ)
petwellアカラス(ニキビダニ)症
Wikipedia“ニキビダニ”
アイリスペットどっとコム 犬のアカラス(ニキビダニ)症



南動物病院では「地元の病院でも治療可能」と言われたが
肥満細胞腫、ステロイド投与との関連も否めないので
併せて治療していただくことにしました。

とりあえずは駆虫剤の経口投与。
いただいたお薬は・・・

kusuri (2)


イベルメクチン、1週間ごとに少しずつ容量を増やして行くとのこと。
製品名は「アイボメック注」(フジタ製薬)とのこと。
ちなみにこの小さいボトル1本7,000円です。

もちろん何の予備知識もないので、そのままいただいて帰りましたが
帰宅してイロイロ調べるにつれ、不安が増していく。

まず、私の調べる限りフジタ製薬に「アイボメック注」という製品はない。
(明日、フジタ製薬に電話して確認してみよう。)

それから「アイボメック注」という製品は
塩野義製薬やメリアル社(フロントラインで有名)にて製造されていますが・・・・・
どちらも、注射用の薬液です。また、製品は牛、豚用の薬液です。

さくらに飲ませて大丈夫なんだろうか?
不安だー、不安だー、不安だー・・・・・

氾濫しすぎてるインターネットの情報を丸々、全て信じる訳じゃないけど
アイボメック注を犬に使用すると死亡の危険もあると示唆するサイトもあった。(参考サイト)



次々と出てくる問題の数々・・・
はぁーーー、こりゃ落ち込んでる暇もないなー(>_<)
まあ・・・この位の方が気合いが入っていいさ!(開き直り・・・)

さてと・・・たちまち今晩、この薬どうするかなー?
飲ませるべきか、飲ませざるべきか・・・・・






長文にお付き合いいただきましてまことにありがとうございましたm(__)m











さくちゃんのあたまの上のかものはしさん、ポチッてよろしく~♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。

     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

ネガティブなことばっか言ってご心配おかけしましたm(__)m
たくさん、たくさんの応援、励ましメッセージをありがとうございました。
ようやく少しだけ気持ちが落ち着いてきたような気がします。


1231-10.jpg



この2週間、見事に引きこもり状態でした^_^;
さくらの話題に触れられたくなくて電話にも出ない、
母にもまみちゃん(参照:おざなり丸^_^;)にもさくらを会わせず
お散歩も、なるべく人通りの少ない時間を狙って
なんだか逃亡者のようにコソコソと過ごしていました・・・・・


イロイロ、本当にたくさんのことを考えました。

一つは環境のこと。
一人暮らしで犬を飼う難しさを身をもって知りました。

そういえば、以前に某里親会の里親になるための条件に
一人暮らしの方はお断りしています。
という項目があった。
その時には「えー?なんでー?」って思ったんですが
今回のことでつくづくその理由が分かりました。

例えば本当に些細なことだけれども
先日、南動物病院で術後のさくらに付添っていた時のこと。
私自身がトイレに行きたくなれば、誰か病院の方を呼んで
その間、さくらを見ていてもらわなければいけない。

退院直後、おしっこのために屋上に上がった時にも
16キロのさくらを、私が抱っこすると、
たった10数段の階段を上がって降りるのに10分もかかってしまう。


情けない。情けない。情けない。
こんな弱音ばっか吐いてちゃダメダメですね!
そんな事や、あんな事や・・・結局は私自身の弱音、愚痴ですね。
そんなこんなな2週間でした。
本当に2週間、みなさんにも不義理をしましてごめんなさい。
こんな情けない私ですが、また弱音を吐いた時には
叱り、励まし、背を叩いて下さいね。


0101-2.jpg


写真はお正月に撮った中から私のお気に入りの一枚。
穏やかに昼下がりのさくらとばあちゃん。我が家のお年寄りーず。



19日は抜糸です。また三重県まで安全運転で行って参ります。
また詳細はブログで報告します。
当日がいいお天気でありますように・・・












ぶた鼻ポチッてよろしくです~♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。

     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

本当に書きっぱなしで返事もせずごめんなさい。

今週は本当につらいつらい一週間でした。
何もする気が起きず、ぼんやりと過ごしてしまいました。
」という言葉が重く重く心にのしかかっていました。
そんな思いにリンクするように、体調まで崩れてしまい
本物の病人の様な生活でした。
もう年が明けて数週間も経ったような気がします。

こんなママ、だらしないね。ダメだね。
ごめんね、さくら。

今日(1/14)午後5:57、南動物病院M先生よりTEL。
先日の大腿部肥満細胞腫摘出手術の病理組織検査の結果が出たとのこと。
グレードは1~2、マージンは確保。
周辺の小さな出来物については皮脂腺由来のもので非腫瘍性。
とりあえず“多発性”という言葉は頭の中で小さくなった。

次回は1/19に抜糸のため来院予定。
その際に今後について詳細なお話をさせていただくことに。


0113-1.jpg
手術跡もだいぶキレイになったよ!



お散歩中、信号待ちの時にはお座りして待つように躾けてきた。
手術跡がひきつって、お座りするのがつらいのに
習慣から一生懸命に座ろうとするさくらがいじらしい。


ベッドへの上がり降りが傷に障ってはと抱っこしてベッドから降ろすと
「ヤダッ!じぶんでするのっ!!!」
と言わんばかりに、上がりなおして自分で降りるさくらが切ない。



0101-4.jpg
お正月、母さん(ママのママ)ちで、家族のみんなと!



狭いワンルームのお部屋はさくらの世界を狭めてるね。
ママは一人暮らしだから、どうしてもお留守番をさせてしまう。
さくらと過ごすのに十分な家庭環境ではないよね・・・・・

12歳のさくらは、もう仔犬の様におもちゃで無心に遊ぶこともない。
お友達“0”だからわんこ同士じゃれあうこともない。

毎日の生活の中で一番はごはん。その次がお散歩。
さくらの楽しみはたったそれだけ。
それなのに、今はお散歩もままならない・・・・・
さくら、こんな生活で幸せですか?
痛い手術、苦しい治療を続けることは本当にさくらのためになってますか?
ママの勝手、自己満足じゃないですか?


愛しい愛しい愛しい愛しい愛しい愛しい愛しい愛しい愛しい。

こんなに大好きなのに、こんなに愛してるのに
どうしたらいいのか分からないよ。心が痛くて痛くて仕方ないよ。











クリックしてくれたら、さくらはますます勉強家になるよ♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

たくさんたくさんの応援、励ましコメント、メッセージ
本当にありがとうございます。
ろくろくお返事も出来ず、本当にごめんなさい。



事の始まりは年末から・・・
おしっこの調子が悪くて気になっていた。
一気に出ないみたいで、少しずつ少しずつ分けてしているし
しかけたおしっこを途中でやめたりもする。
時々、股をペロペロなめている・・・・・
膀胱炎かなー?4日には病院に行かなくちゃ・・・
と思っていたある晩、おねしょをしてしまう。しかもかなり大量に・・・
それも本人(犬)は全く気付いてない様子。

気付かれないようにベッドから離れさせて
こっそりとおねしょの片づけをしながら、不安がよぎる・・・
こんなこと今まで一回もなかったのに・・・・・



3日、診察している病院を見つけ早速診察に・・・
その診察台の上で、暴れない様にさくらを押えている私の手に、気になるしこりが触れた。
「たった今見つけたんですけど、細胞を調べてもらえませんか?」
と、担当の若い医師にお願いする。
待つこと数十分、再び診察室に呼ばれ行くと
「言いにくいですけど、かなり大量の肥満細胞が見られます。
 “肥満細胞腫”であることは間違いないと思います。」


頭が真っ白になる・・・・・
その後の診察室でのやり取りはよく覚えていない。
経口薬(ステロイドやH2ブロッカー)を出しましょうか?
みたいなことを言われた気もするが、何と返答したのかも覚えていない。
診察代を支払った記憶すらない。(領収書があったのでちゃんと支払ったらしい。)


その足で実家に行き、車を借りて帰宅。
さくらにごはんを食べさせ、寝かせて、黙々と準備をしていた。
何の準備?・・・・・・ああ、三重県に行く準備だ。
まだどうするかも何も決めていなかったのに、
身体は無意識に南動物病院に行こうとしていた。
そこで慌てて南動物病院に電話をしてみる。
新年の診察は明日(1/4)10時~とのこと。


大丈夫。治る。すぐに摘出すれば大丈夫!!!
そんな事を繰り返し繰り返しつぶやきながら、一睡も出来ないまま朝をむかえ
真っ暗い中、三重県へと向けて出発する。

0104-5.jpg


0104-6.jpg


0104-7.jpg
こんな小さな出来物が、命すらも脅かす恐ろしい恐ろしいガンなんだ。



9時半頃、南動物病院に到着。
いつもの担当医M先生にまずは見ていただき細胞診を。
リンパ、血液への転移を心配しエコーと血液検査も。
その後、南院長との接見。間違いなく「肥満細胞腫」であると診断される。
リンパ、血液は大丈夫。摘出手術がまず一番の手段ですとのこと。
一番早くて明日の手術が可能。
その後、問題がなければ術後1日入院であさって帰ることが出来るとのこと。

迷わずお願いして、さくらはそのまま入院することに。
手術に備えて、長距離移動の疲れをとるため。

14時頃までは、一緒に過ごしていてもいいですと言われたので
一旦、病院を後にして、近くの土手でお散歩。

0105-1.jpg
点滴用のチューブがさされたままの手が痛々しい。



その後、私は病院の2軒隣のホテルに宿泊し
翌朝(1/5)もお散歩のため、病院にさくらをお迎えに。
お散歩の後、病院裏手の個室をご提供下さり
点滴を受けるさくらと一緒に静かな数時間を過ごしました。

0105-3.jpg


午後2時、おしっこをするために一瞬だけお外に行き
そのままM先生に連れられて手術室に。
不安そうに振り返り、両手を踏ん張って拒否するさくら。
ごめんね。また痛い思いさせちゃうね・・・・・

約1時間後、待合室で祈る私の元にM先生が訪れて手術の終了を告げる。
まだボンヤリしていますが、先ほどの部屋にどうぞ。と案内してくれる。
手術の疲れでグッタリ、そして麻酔が醒めきらずボンヤリしているさくら。
私の顔を見た途端に立ち上がろうとするがフラフラと崩れる。
いいから。起きなくていいんよ、さくら。ママここにいるから!

0105-5.jpg



摘出手術は筋肉の層まで取っていますので、かなり痛みがあると思います。
また、手術自体は問題なく終了したのですが
当該腫瘍の付近に、小さい1mm以下の出来物が無数に見つかりました。
当該腫瘍と共に摘出して、病理組織検査にだしますが
これが全て「肥満細胞腫」であれば“多発性”ということになり
今後の治療は、化学療法(抗ガン剤)が選択されると思います。



ショックだ・・・
犬種から言っても多発性の可能性は低いと思っていた。
正直、まだ頭の中がグチャグチャであまり何も考えられない。
今はただ、目の前でグッタリしているさくらが不憫でならない。
ごめんね。ごめんね。またこんなに痛い目に合わせちゃったね。


その後、そばで撫でていてやると静かに眠った。
時々、ビクッビクッとケイレンのようにふるえる。
筋肉の層まで剥離しているので、そこから来る身体的な兆候なのか
また身体にメスを入れられた恐怖から来る精神的な兆候なのか・・・
かわいそうなさくら、こんなに小さいのに。何も悪いことなんかしていないのに。


翌朝(1/6)、早々にお迎えに行き帰途に。
車の中で何度も私の顔をのぞきこむさくら。
「本当におうちに帰る?」
「もうほっといていかない?」
「もう痛いことされない?」
とでも言っているかのようで切なくなる。


おうちが大好きなさくら。
おうちに帰ると徐々に落ち着きを取り戻し、表情も明るくなりました。
今朝(1/7)はお散歩もしたし、うん○もでました。
食欲も旺盛で、食いしん坊大魔王が帰ってきました。

とにもかくにも病理組織検査の結果を待つしかない。
次の診察(抜糸)は1/19の予定です。







 P.S.本当にたくさんのご心配、応援ありがとうございました。
     ろくろくご挨拶も出来ず申し訳ございません。
     まずはご報告をと思い更新いたしました。
     改めて、ごあいさつ、お返事などさせていただきます。













クリックでてるてるさくらも元気百倍!人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

たくさんの応援コメントをまことにありがとうございました。

手術の日にちの記述を間違えていました。正しくは1/5午後。
本日、無事に摘出手術を受けました。

午後2時より、南院長執刀の元、約1時間に及ぶ手術。
手術事態は問題なく完了したものの
摘出のために開いたところ、腫瘍付近一体に
正体不明の小さな小さな(1mm以下)出来物が無数にあったとのこと。
摘出した「肥満細胞腫」と共に病理組織検査にまわすのですが
この正体がまた「肥満細胞腫」であれば“多発性”ということになり
今後の治療は“根治”ではなく“緩和”のための化学療法ということになるそう。


一つ、安心していただきたいのは私のこと。
夏~秋にイロイロありすぎたおかげで耐性が出来たのかとても冷静です。
一度も泣いていません。何事にも穏やかに対応しています。


南動物病院ではご親切にも、裏手の個室をご提供下さり
手術前の3時間(点滴)と手術後の2時間を
さくらと一緒に、静かに過ごすことが出来ました。

このまま問題なければ明日には退院、帰岡の予定です。
また改めてブログの更新いたします。













クリックしてくれるとさくらもうれしい♪人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。

     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
20070810233507.jpg

みなさん、明けましておめでとうございます。
更新も、コメントのお返事も、ご訪問も怠ってしまってごめんなさい。
実はさくらの肥満細胞腫、再発してしまいました。



左大腿部に見付けた、直径5~6mmの小さな小さな出来物。
そこに恐ろしい恐ろしいガン細胞が潜んでいました。



現在さくらは三重県伊賀市の南動物病院に入院中です。
(私も休み中でもあるので、南動物病院の2軒隣の「ホテルルートイン伊賀上野」に滞在中。
 ノートPCを持参してこなかったので、ホテルフロントのインターネットコーナーより更新。)


smile.jpg


明日1/6午後、南院長執刀の元、摘出手術に臨みます。
その後、問題なければあさってには退院できるとのこと。
みなさん、どうぞ手術の無事を祈っていて下さい。
改めて詳細ご報告いたします。




P.S.ここからだと写真のアップロードができないもので
    使いまわしの写真でごめんなさい。












クリックしてくれるとしっぽブンブンよろこんじゃうw人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。