「肥満細胞腫」と「神経鞘腫」(どちらも悪性腫瘍)の治療のための3度の外科手術に高額な放射線治療・・・絶対に負けないさくらとママ(飼い主)の闘病記

~PROLOGUE~

 7月のある朝でした。
 その日はとってもお天気の良い日で、大っ嫌いなシャンプーをされていました。
 身体中、泡だらけでシャカシャカされてる時に、ママがあたしの胸の辺りに触れて

 ママ:「ん~~?何これ~~~?さくちゃん、ここに何か出来てるよぉ~!」
 さくら:「え~っ?何ですか?何ですか~?あたし、何ともないんだけど~(汗)」

 そして数日後、針生検(ニードルバイオプシー)による細胞診を経て
 肥満細胞腫(悪性腫瘍)」と診断されたのです。
 かくして、泣いてばかりのママと、絶対負けない私の闘病生活が始まったのでした。


 ■「これまでの経過」 これまでの闘病経過を一覧で提示しています。
 ■「治療費用について」 これまでの治療費用を一覧で提示しています。

リンク参照:児玉どうぶつ病院

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イロイロご心配おかけしてます。
その後・・・
まだどうするべきか決めかねて
何もしていない現状。
しかも、ホンのちょっと病院嫌い・・・
(さくらじゃなくてママが・・・)
で、病院からも足が遠のいてる今日この頃。
(ってダメじゃん・・・)

さくらは、とても落ち着いてます。
発作もあれ以来、一度もなく
びっこひくことも、様子のおかしいこともなく、
お散歩大好き、食いしん坊絶好調!
ほんまにどっか悪いん?
ってくらい元気です^^

dehedehe2009.jpg
大好きな土手で走り回ってデヘデヘです^^



あの深夜の発作が起きたのも
三重から戻った数日後。
「麻酔の後遺症ではない」と言われた物の
三重までの長時間のドライブや
麻酔や検査の疲労があったのでは?
との思いが否めなくて・・・
どうしても再度の検査に踏み切れない。
昨年とは、一昨年とは明らかに違うさくらの体力。
本当は、ちゃんとMRIとって
検査するべきなんだろうけど・・・

sanzyou1.jpg
あぁぁ~っっ!ママの力作、踏んじゃダメーッッ!!!


ずっと工事中だった公園の工事も終わり
お散歩もますます楽しいね^^
大好きなさくらさん、もっともっと
うれしい、楽しいあるからね!!!

sanzyou2.jpg
フンッ!幼稚で悪かったね!!!(怒)




最後まで読んで下さってありがとうございます。
いつも、いつも、さくらを応援して下さって
本当にありがとうございます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。