薬剤(イベルメクチン)について

ここでは、「薬剤(イベルメクチン)について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日はさくらに処方された薬剤(イベルメクチン)について
イロイロなご意見、情報、アドヴァイス本当にありがとうございましたm(__)m
本当にこのブログを通じてたくさんの愛犬家、愛猫家の方々と知り合えて
こうして、たくさんの真摯な情報、意見をいただけることに
改めて感激し、感謝は尽きません。

さて、イロイロ試行錯誤した結果なのですが
いただいた薬剤を、南動物病院で指示された通りに投与することにしました。


まず、いただいた薬剤の製薬会社名、製品名は正しくは下記。

イベルメクチン注「フジタ」フジタ製薬株式会社

kusuri (2)



■“牛、豚(家畜)用の注射薬”を犬に投与することについて。

イベルメクチン」は馴染みの深い“フィラリア予防薬”の主成分ですが
ニキビダニ(毛包虫)、疥癬の治療のためには
フィラリア予防の際の約300倍の薬剤を投与するために
廉価な家畜用薬剤を使用することは一般的な事だそうです。
(イベルメクチンの注射薬については“家畜用”のものしか手に入りません。)


 ※死亡例については他のあらゆる薬剤についても
   可能性“0”ではないので
   特にこの薬剤にのみ心配する必要はないとのこと。
   (特にこの薬剤「イベルメクチン」については
   コリー種への使用は重大な副作用が起こる可能性が高いため
   死亡例などについてもコリー種に特定されたものでは?と推測される。)




■“注射薬を内服”することについて。

薬剤によっては、経口~消化管~血液の経緯を経ることにより
変質したり、効果がなくなったりするものもありますが
この薬剤「イベルメクチン」については注射薬を内服しても
そのような変質、効果の減少は見られないと一般的に言われているので
注射薬を内服用に処方する病院も少なくはないとのこと。

 ※注射薬は、あくまで血液に直接注入した場合に
   最高の吸収性を発揮するように作られていますので
   内服した場合には、注射する場合よりも吸収性は劣りますが
   注射よりも手軽で、投与しやすいという利点がある。
    注射・・・その度に通院し、医師による注入
    内服・・・自宅で飼い主によって投与が可能
   



また「家畜用の薬剤を犬に投与すること」「注射薬を内服すること
このどちらも国では認可されていませんので
使用は各医師の判断のみに委ねられています。
もちろん、万が一の際の責任は誰も取ってはくれません。

 ※動物実験のデータに則った科学的な根拠の元、国の認可を得た使用法の場合
   万が一の場合にはその副作用についてはメーカーが責任を取ります。


この部分について多少の不安が残らないではないのですが
もし何かあった時に、別に誰かに責任を取ってほしい訳ではないですし
やはり「悪性腫瘍」を中心に日本一の臨床数を誇る南動物病院
南院長、M先生については、私は大変な信頼を寄せていますので
一般的にも行われている手段で、しかも南院長の判断の元の処方であるならば
信じて、その指示に従おうと思っています。

 ※悪性腫瘍自体のための免疫低下、ステロイド利用のための免疫低下と
   ニキビダニ(毛包虫)症の発症に、多少でも関連の可能性があるかぎり
   南動物病院および南院長が、皮膚の専門医ではなくても、
   それなりの臨床数も有していることと推測しています。


また、南動物病院に私がお尋ねしたのは
頻繁な通院が可能な近隣の患者の場合でも同様の処置をしますか?
岡山県岡山市(さくらと私の居住地)から三重県伊賀市(南動物病院)へは
片道400キロ、4時間かけての通院です。
「3日に1回来院して下さい。」と言われれば、当然無理な訳で・・・

だから通常は注射により治療するところを
私の地理的なリスクを汲んで経口投与を指示したのであれば
さくらにとっての安全、効果を最優先したい私としては
またまた考えなければいけないところで・・・
(地元の病院でも治療可能と言われたけれど、
 こちら(南動物病院)で併せて!とお願いしたのは私ですので。)

ですが、南動物病院の回答は
通院可能な近隣の患者さんでも同じ処置をしています。
とのこと。ホッ・・・



さてさて、またしても小難しいことをツラツラと長々書いてしまいました。

ちなみに今回この件で、私が南動物病院にTELした回数、
この3日間で約10回・・・・・嫌な患者です^_^;
私が担当医なら「しつこいーーーっ!」ってヒスでも起こしそうです(笑)

決して、何もかもを疑ってかかっている訳ではないのですが
まずは、何をおいてもさくらの安全を第一に、二番目に有用な効果を。
最後に私の事情(時間、予算、その他)をと考えれば
全てを把握して、正しい情報を得て、十分に納得した上で治療、投薬したいと
ついつい何事にも過剰に反応、行動してしまいます。
(逆に気になりだすと、他の事が何も手に付かなくなってしまって・・・)
M先生、こんなしつこい私に付き合って下さってありがとうございましたm(__)m


最後に影もかわいい横顔さくちゃんでお口直し(お目直し?)どうぞ^^
0104-1.jpg










クリックしてくれるとしっぽブンブンよろこんじゃうw人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、
広くこの病気を知ってほしいです。
願わくば、健気に闘うさくらを
一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
     ↑↑↑↑↑
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。

コメント
この記事へのコメント
いつも、さくらのママさんの情報収集力、
判断力、分析力、理解力に感動します

きっと聡明な女性なんですね!

犬、猫その他の動物は言葉が話せないので、
いろいろな検査の結果を人間が判断するしかありません
いつも思うのですが・・・・
いくら有名な先生でも、疑問に思った事は
ドンドン聞いた方が信頼関係ができると思います
そこで、面倒がったり、ちゃんと説明できない医師は
仕事を放棄していると思います

インフォームド‐コンセントはとっても大切な事ですから・・・
さくらのママさんは理想的な患者さんの家族だと心から思います♪
2008/01/23(水) 14:17 | URL | neomama #L8LCRX0g[ 編集]
neomama様
あはは~ただしつこいだけですよー!
徹底的に調べて
あまり良くない私の頭でも理解できるまで
追及しないと気が済まないんですねー(笑)
粘着質なんです。巳年じゃないのに(笑)
2008/01/23(水) 16:35 | URL | さくらのママ #MByLbG9.[ 編集]
mamaさん、よくここまで調べました!
そして病院にも納得ゆくまで聞いたのですね。
何よりさくらの体に、危険でないと判明してひと安心ですね。
私なんかパニクると、か~~っとして頭に血が昇っちゃうタイプなので(汗)
獣医さんにもくってかかるところです…
冷静で賢明な判断に感服します。
さくらちゃん♪最高のお母さんに恵まれましたね~(^_^)
2008/01/23(水) 16:42 | URL | 猫ねこりん #-[ 編集]
すごい!さくらママさん本当に勉強熱心!!信頼出来る先生選びも本当に大変なんですよね!
でもいい先生程親身になって答えてくれるし、気持ちを分かってくれるから私もしつこいくらいいつも聞いてますよ(^-^;
これからの治療も頑張ってください!

横顔さくらちゃんめった可愛いです♪
2008/01/23(水) 20:03 | URL | プリママ #-[ 編集]
さくらママの勉強熱心さにはいつも
感心させられるばかりですv-410
さくらちゃんもママのさくらちゃんを思う気持ちが伝わって日に日に元気になると願っていますi-228
これからも色々な事、さくらママに
見習って勉強して行きたいです!
2008/01/23(水) 22:11 | URL | くまったくまった #-[ 編集]
ママさんが安心できたのなら
それが何より1番のことだと思います!
よかったです('-'*)☆
私も見習わなきゃ!
2008/01/24(木) 21:52 | URL | みかんまま #hHa8aibM[ 編集]
こんばんは♪
私もとても勉強になりました。ありがとうございます。
ママさんのさくらちゃんに対する愛情の賜物ですね・・・!
ホントにさくらちゃん、とっても幸せですね♪
いろいろ不安や心配事はありますが、応援していますね!

先日のメール、少しでもお役に立てて安心しました☆よかったです♪
2008/01/24(木) 22:53 | URL | マックまま #-[ 編集]
「質問」ならお医者さんはちゃんと答える義務があると思いますよ。
中には全く調べもせず愚痴だけで何度も長時間電話してくる方もまれですがいますしね(汗)
ママさんのような質問だったら絶対答えやすいと思います。
ママさんみたいな飼主さんばっかりだったらな~てよく思っています(笑)

↓イベルメクチン、皮膚科の専門医に以前お話を聞いたとき、使用するって聞きました。
コリー系には使わないみたいです。
今更・・ですが(汗)
2008/01/24(木) 23:28 | URL | えみ #-[ 編集]
猫ねこりん様
徹底的に調べないと・・・
っていうか、自身のあまり良くない頭で理解して
その上で納得出来ないと不安で・・・
イロイロご迷惑おかけしましたが
どうにかスッキリ、あ薬も飲ませられそうですw


プリママ様
結構しつこい性格です(笑)
最後まで匙を投げず、対応していただいた病院には感謝しています。
いくら嫌われても、
これからも納得できないことは
とことん追求していこうと思っています^_^;


くまったくまった様
おかげさまでどうにか(?)解決しましたm(__)m
健康な子なら多少のことは・・・と思えても
今のさくらの状態では
何事にも慎重に慎重を期してと
思うものですから、
ついつい過剰になってしまいます^_^;


みかんまま様
結局は私の自己満足なんですけどねー^_^;
出来ればしっかり納得した上での投薬をと思うもので・・・
みかんちゃんは元気だから
そんなに私みたいに神経質にならなくても大丈夫だよー!^^


マックまま様
教えていただいたサイト
本当に興味深く拝見させていただきました。
とても参考になると共に
わざわざメールを起こして下さった
マックままさんのお気持ちが
涙が出るほどうれしかったです。
本当にありがとうございましたm(__)m


えみ様
とても真摯に対応、回答していただけたと思っています。
私が病院側の立場だったら
うるさいだろうなー・・・と
思えるほどだたんですけど^_^;
病院側の立場におられる方から
そんな風におっしゃっていただけると
ホッとしました^^
ありがとうございましたm(__)m
2008/01/25(金) 10:55 | URL | さくらのママ #MByLbG9.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakurabowwow.blog116.fc2.com/tb.php/130-40dd4b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。