重くて長いお話です。

ここでは、「重くて長いお話です。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めずらしく二日連続の更新ですが
(長々と更新作業してたら翌日になりましたが・・・)
とても長いお話になりますので
お時間のある時にお読みくださいね。




年末に、突然「キャンッ」と叫んで
うしろ脚が立たなくなった。
寝起きにキッチンにきて、おねだりをしている時だった。
ビックリして駆け寄る私。
でも本人(犬)はもっとビックリしてる様子。
十数秒で、元に戻り
違和感もないようでスタスタ歩きだした。

年明けの検査で、その事を説明し
いつもの検査に加え、
うしろ脚のレントゲンも撮ったが異常なし。
その後、いつも通りの生活を送っていた。



つい先日、またしても何もないところ(おうち)で
「キャンッ」と叫んだ。
でも別にどこも何ともない。
普通に歩いてるし、どこを触っても嫌がらない。
どこかにぶつけたのかな?と思い、その後忘れてた。



先週末にシャンプーした後、小さくカタカタふるえてた。
暖房いれたらすぐにおさまったので
それきり、気にしていなかった。
翌日の夕食前、また小さくカタカタふるえてた。
暖房いれて、その後ごはんを食べたら
ふるえもおさまって、本人(犬)もケロッとしてる。
気になりつつ、朝をむかえた今日。
朝のお散歩、歩きだして4~5分後
急にビッコをひきだした。
段差も何もない、アスファルトの道路で突然だ。
どうやら、右前脚をかばってる様子。
慌てておうちに帰り、肉球チェックするが傷も何もない。
右前脚を、軽く曲げたり伸ばしたり、もんでみたりするが
全く無反応。嫌がる事もない。
痛くもかゆくもないらしい。
それでも、歩くとやはりビッコひいてる。



これはさすがに尋常じゃないので病院に行った。
いつもの山陽動物医療センター

症状を説明、念入りな触診の後、
腕&首のレントゲンを撮ってもらうことに。
防護エプロンをした若い先生に抱かれて
レントゲン室に入って行くさくら・・・
待つこと数分、再び診察室に呼ばれ
たった今、撮影したばかりの
頸部レントゲン写真を提示され
「原因はこれですね。」

tsuikanban.jpg
                  (クリックで拡大)


丸で囲んだ部分の骨と骨の間が、
他の部分の骨と骨の間に比べて
ボワ~ッと白っぽく、影になっているのが分かるでしょうか?

診断は「椎間板ヘルニア

まったく予想もしていなかったし
あまりにこの病気に対して無知で
ショック以前に、頭の中は「?」でいっぱいだった。

院長の話&帰ってからネットで少し調べた
「椎間板ヘルニア」の特徴、症状は・・・

・激しい痛みを伴う。(頸部ヘルニアは特に。)
・四肢から全身麻痺に発展し
   呼吸不全のため死亡する症例もある。
・自然治癒はしない。
・悪化はしても好転はない。
・一般の病院では外科手術
   もしくは対処療法(抗生剤、ステロイドなどで痛みを止める。)
   のみしかしない。(できない。)



「椎間板ヘルニア」も、グレード分類される様ですが
それも自宅に帰ってネットで調べたこと。
病院では、そこまで教えてはくれませんでしたが
比較的軽度だとは言われました。

ただ、そこから症状を悪化させないためには
安静がとても重要と言われました。
もちろん、お散歩は排せつなどの必要最低限でと。

「今回の痛み(びっこ)がおさまったら
 いつも通りにお散歩してもいいですか?」
と、たずねる私に院長の答えは
「椎間板ヘルニアの子は、常に安静が必要です。」

わたし:「一生ですか?」
院長 :「一生です。」

つまり・・・
現状では手術の必要があるほど重症ではないけれど
悪化させないためには、今後ずっと安静が望まれると・・・




2007年7月「悪性腫瘍」が見つかり、生活は一転。
さくらの生活の質だけを考えて過ごしてきた。
さくらには、テレビも、インターネットも、本も、ゲームもない。
お酒もないし、タバコもない。
唯一の楽しみは、朝晩のお散歩。
町なかっ子らしく、公園よりも町歩きが好きだった。
あちこちクンクンして歩くのが大好きで
休日のさくらまかせのお散歩は、
2時間でも3時間でも歩きたがった。

お散歩出来ない。
お散歩出来ない。
お散歩出来ない。



雪にはしゃいでジャンプすることも。
モグラ追っかけて大ハッスルすることも。
浜辺で波とバチャバチャ遊ぶことも。

もう出来ない。
もう二度と出来ないんだ・・・・・・





この程度であれば手術まではしない!?
らしき事を、院長が言っていた記憶がおぼろげに・・・
(ショックやら???やらで、あまり話を正確に覚えていない・・・)
ネットでも、一般的には麻痺が出たら手術対象。とも・・・

正直、まだ何をどうするべきか、
全く考えがまとまらない状態です。
私の中の情報が少なすぎて・・・
「椎間板ヘルニア」・・・
病名だけは、ものすごメジャーなんだけど・・・




とりあえず、私に出来ること!?



まずはベッドをなくしてみた。
90126-2_20090126230226.jpg


ベッドをを取り除き、マットだけにした。
階段や段差の上がり降りは禁忌とのこと。
高さ約40cmのベッドへの上がり降りは
もちろん、良くないに決まってる。



取り除いたベッド
90126-3.jpg


急な事で、置き場所もないので
とりあえず部屋の隅に立てかけといた。



これで、ベッド(マット)の高さはたかだか20cm弱。
これなら、上がり降りも心配はないよね。


あと、院長の薦めのもと
コルセットを作ってみた。


長~いお首です・・・
90126-1_20090126233221.jpg


フリース素材2枚重ね、内側にタオルを縫いこんで
中にはボール紙の芯入りです。

頸部は、どうしても安静が難しいから
コルセットは、非常に有効らしい。
皮製(市販品はないので、もちろんハンドメイド)を
薦められたが、材料の調達もままならないので
今日のところは、あり合わせ素材ですが・・・





なんか長すぎたかな・・・^_^;
90126-4.jpg



ごめんね、窮屈だねー。
気持ち悪いよねー・・・
ちゃんと、いいの作るからね・・・^_^;





原因は偶発なので未特定。
だけど心当たりは、山ほどある。
  おやつの取りっことか・・・
  我が家のフローリング?
  石や雪を投げてのジャンプ?


どれもこれもママの責任か・・・・・
ごめんね、ごめんね、さくら。


どうしたらいいのかなー?
手術か、一生お散歩禁止か・・・
鍼灸、整体、気功とか・・・・・
あ~勉強不足、勉強不足。



そ~んなこと言ってると、さくらさん
ママの力作コルセット、
知らない間にはずして爆睡中zzzzz
やっぱ、こんな急仕立てじゃダメですかー^_^;



長い、長いお話にお付き合いいただき
まことに、ありがとうございました。

イロイロと・・・ショックだったもので
更新したブログの見直しもしていません。
(ちなみに当該更新には、すでに5時間を要しています。)
なもので、誤字脱字ございましたらごめんなさい。





椎間板ヘルニア」に関する情報お持ちの方
どうぞ些細なことでも結構ですので
アドバイス、助言をいただけると幸いです。













 ランキングサイト(人気BLOGRANKING)に
 登録・参加していま~す(*´▽`*)
 1日1クリックの応援をお願いしますm(__)m




 こちら(日本ブログ村~犬/闘病生活~)
 にも登録・参加中^^ 上のと併せて
 1日1クリックの応援をよろしくお願いしますm(__)m
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/27(火) 02:29 | | #[ 編集]
ヘルニアですか・・・しかも首の。。
痛みがあるのは辛いよね。
いま、痛みのほうは大丈夫かな?
手術というのは負担が大きすぎるし、かといってお散歩大好きな さくらちゃんに安静をずっとしいらせるのは飼い主にとっても本当に辛いことですよね。一緒にお散歩したいですよね。。
東洋医学、、何かいいものないかな。
人間さんのヘルニアの対処法とか調べると何かでてきそうだけど・・・
何かあったら見てみますね!
2009/01/27(火) 11:02 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
じっくり読ませていただきました。
いつもすばやい対応のさくらのママさんに頭が下がります。
とにかく、今できる事を・・・・
ベッドを即片付け・・・
コルセットを製作・・・・
後はじっくり病院の先生と相談して様子をみながら考えて行くのが一番じゃないでしょうか

ただ、もし自分がさくらのママさんの立場になって考えたら
仮にお散歩行けなくなってもネオに長生きして欲しいと私は思います。
もし、お散歩が負担になるんだったら、行かないと思います

お家の中をうろうろしてるだけで良いじゃない・・・・って、考えると思います
実際テディ兄ちゃんは、2~3分のお散歩で済ませる事があります
(トイレだけ済まるようにしています)
この先、負担になるようなら、きっと行かないでお家の中での生活を考えようと思っています。

さくらちゃんとは立場が違うことは解っていますが
一日でも長生きして欲しいのです。
2009/01/27(火) 15:08 | URL | neomama #bu873tlY[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/27(火) 20:46 | | #[ 編集]
さくらちゃんびっくりしたでしょうね~
痛いのはかわいそうですよね。
うちの子(シェルティ)もビッコを引くようになりヘルニアが判明しました
(首ではなく背中ですが・・・)
病院からは痛み止めの薬をもらい家では緑イ貝のサプリメントを食べさせました、
いつも寝ていたフローリングにはスポンジを敷き、
玄関には踏み台を置きジャンプしないように気をつけました。
お散歩は、初めのうち5分位でピタリと止まり動かなくなってしまうため
帰り道は抱っこで帰っていましたが、10Kgのわんこを抱いて帰るのは
私の腰が辛く、わんこにももっと遠くまで行きたいのに行けない
欲求不満が顔に現れるようになりました、
そこで私は犬用カートを買いました
片手でわんこ、片手でカートをひき散歩に出かけ、
わんこの足が止まってしまったらカートに乗せ、
いつもの散歩道をカートで歩きました。
天気のいい日はお水やおやつを持って少し遠出したり
お散歩に対する欲求を解消してあげたのがよかったのか、
歩けなくてストレスが溜まっていた時とはまったく違う
笑顔(?)が戻ってきました。
それから、うちのわんこは通院していませんが…
名古屋にヘルニアの専門病院があります。
土日も診察がありますのでよかったら治療方法や
費用について電話で聞かれたらいかがでしょうか?
名古屋動物整形外科病院 http://www.naor.jp/hosp/
さくらママさん頑張ってくださいね
2009/01/27(火) 22:59 | URL | ピコピコ #-[ 編集]
さくらのママさん ヘルニアと聞いて私は正直ほっとしました もっと悪い事を想像してしまったからです(ごめんね 題名がそうだったんで)
うちのルビーも13才の時に腰痛が出て後ろ足のナックリングがでました ヘルニアとは言われなかったけど 老化?みたいなことを言われステロイドを駐車し飲み薬を飲んだような記憶があります 一週間程で大分ましになったような気がします その後は グルコサミンや緑イガイで抑えてきました 年をとれば骨ももろくなるでしょう きっときっと大丈夫 色々対策を考えてあげましょ サプリメントで椎間板ヘルニアがよくなったダックスもいてはりました
そんなに落ち込まないで 人間でも70すぎれば(すぎなくても)色々あります ねっ
2009/01/28(水) 00:55 | URL | ドッグラブ #-[ 編集]
さくらママさんこんにちは
我が家のさくらですがやはり年末に一瞬ですが足腰が立たない状態になり病院に行きました。レントゲンをとっても異常もなく、股関節変形による(わがやのさくらは股関節が開いてるの)慢性的な痛みではないかといわれました

その夜又同じ状態になったので翌日病院を変えて見ました
新たに検査やレントゲン・・・
出された答えは違っていました。
部分的癲癇か馬尾症候群・・・
お腹の中にうんPがかなり太くあることから馬尾の可能が高いといわれました。
あまり聞きなれませんがヘルニアに似た感じでしっぽの方にある馬尾神経という所の病気です
現在はサプリの服用などで状態は落ち着いてますがいつ何時立てなくなるか心配はつきません・・・
もし、心配ならセカンドオピニオンもしてみては?
今、わがやは、最初の診断をしてくれた近くの病院と、病気を見つけてくれた離れた所にある病院とを状態に応じて使い分けてます
マッサージや針灸も薦められました。
さくらちゃんの状態が少しでも改善できるよう心から願ってます

長くなってごめんなさい
2009/01/28(水) 14:47 | URL | まぁーこ #-[ 編集]
14歳のポメラニアンの男の子がいます。3年前、突然歩けなくなり、日曜の朝だったので、いきつけではない病院で、色々と検査をしましたが、原因がわからず・・・ステロイドを処方されました。1週間ほどで、痛みが取れてきたのか大分歩けるようになってきたので安心していたのですが、更に一週間後、またフラフラしだしてきたので、大阪の玉造の病院でCTと造影検査をしたところ、頚部のヘルニアと診断されました。ヘルニアの先は造影剤も通りにくい状態でした。また、ステロイドを処方されて帰ってきましたが、手術のことも検討しなければならないので、もっとヘルニアで権威のある先生を探し、奈良の中山獣医科病院を探しだしました。CT画像を持って相談に行ったところ、幸い本人にあまり痛みがないので、手術ではなくしばらく様子をみましょうということに・・・手術は神経の近くでもあり、うまくいったからといって歩けるようになるわけではないとのこと、長くてリハビリに一年くらいかかることも・・・しかもどの程度歩けるようになるかは全く不明とのことでした。血液検査の結果、ステロイドの後遺症で肝臓値が測定不能状態に・・・これを非ステロイドに変更し、グルコサミンを服用することに、家中のフローリングをカーペットに変更。犬用キャリーカーを購入し、散歩の際は芝の公園までキャリカーに乗せていき、芝だけ歩かせる・・・左の前肢が不自由で引きずっていたので、犬用靴下を履かせて・・・効果は不明ですが、前足をさすったり、そして体重を減らすこと・・・そうしてだんだん良くなり、今は元気に歩いています。散歩のときは靴下をはかせ、段差は抱いて無理はさせないようにしていますが・・・。さくらママさん、元気だしてがんばってください。中山獣医科病院に相談に行かれたらよいと思います。遠方からも随分こられて
いました。さくらちゃんにとって一番よい治療を・・・さくらママだったらきっと判断できるハズ。そのママの選んだ治療がさくらちゃんにとって最適だと思います。自分を信じて・・・応援しています。がんばってください。
2009/01/31(土) 00:36 | URL | くりくん #1cR6dof2[ 編集]
みなさまへ、お返事

アドヴァイス、励まし
貴重な体験談など
本当にありがとうございますm(__)m
どれほど、心強かったか分かりません。
すぐにジメジメとどん底まで落ちてしまう
情けないママです・・・
ごめんなさいm(__)m

やっと人心地つきました。
水曜日(2/4)にMRIにて
精密検査を受けて
(神経圧迫の程度、グレードなどが分かるようです。)
それから、専門医に相談するか
もしくは東洋医学なども踏まえ
今後どうしていくべきなのか
考えたいと思っています。

また結果はブログにて報告いたします。

コメントの内容は元より
優しい一言を寄せて下さった
そのお心に、痛く感謝、感激しています。
本当にありがとうございました。
2009/02/01(日) 15:12 | URL | さくらのママ #MByLbG9.[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/09(金) 20:11 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/14(木) 17:40 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/30(土) 18:07 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakurabowwow.blog116.fc2.com/tb.php/232-6e4bb8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。