何を捨てても守りたい命

ここでは、「何を捨てても守りたい命」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/30(木)20:40

南動物病院 M先生よりTEL。
第8回目の放射線照射も問題なく終了して、左肩あたりのただれも薬が効いているのか快方に向かっているらしい。
肘の摘出手術後については、傷は順調、ただ少し歩きにくそうにしているみたい。明日は17時頃にお迎えに来て下さいとのこと。

とりあえず、この電話を受けるとホッとする。さくらのいない日常の中で、唯一さくらを感じられる瞬間。




私のこと
添乗員派遣会社に長らく在籍しておりましたが数年前に退社し、
その後はフリーでの添乗業務とインターネット上での旅行の販売との二足のわらじを履いていました。
トップシーズンは月の半分以上も留守をしているという生活でした。

さくらが我が家に来た時には私には相棒がおりました。ですので私の留守中はもちろん相棒がさくらを見ていてくれました。
その後、相棒との決別がありまして、仕事を続けるためには私の留守中にさくらを見てもらえる環境が必要で
そのために、当時まだ元気だった祖母との同居(アパートの隣り合わせた2室に暮らす。)にいたりました。
その祖母も今年で90歳。数年前より認知症を患い、さくらの世話どころか自身の世話も出来ない状況と相成りました。
インターネット上の旅行販売のみでは十分な収入が得られず、添乗に出なければ生活は成り立ちません。
行き詰った私は、添乗時には自宅より車で30分程度の実家にさくらを預ける様になりました。

今年の6月~7月にかけては目の回るような忙しさで、自身の睡眠すらも確保出来ない毎日が続いていました。
忙しさにかまけて、ついつい2週間以上もさくらを預けたままにしていて、やっと迎えに行った日に一番に思ったのが
「さくら、臭いっ!」
通常は月に1~2回のペースでシャンプーをしていたのですが、考えてみればGW頃からシャンプーしていませんでした。
その数日後、慌ててシャンプーした時に胸部の出来物に気付いたのです。
その後は当ブログに記してきた通り、「肥満細胞腫」と診断され摘出手術をするも不完全で、現在の放射線治療に至っています。



もし、あと1週間早くにシャンプーしていたら、出来物の発見もあと1週間早かったわけで
最初の摘出手術で全てが取りきれていたかもしれない。
もし、あと2週間早くにシャンプーしていたら、さらにその可能性は高い。
もし、あと3週間早くにシャンプーしていたら・・・・・・・

さくら、ごめんね。もっと早くに気付いてあげてたら、こんなに淋しい思いしなくてすんだのにね。
もっと一緒にいてあげたら、こんな病気にならなかったかもしれないのにね・・・
もう後悔でいっぱいだよ。後悔に押しつぶされそうだよ。私は決して良いママじゃなかったよね。



8月 私は添乗の仕事を辞めました。
それは、自分でも驚くほど早い決断でした。思い立った翌日には、すでに行動にうつっていました。
こんな状態のさくらを誰かに預けるなんて、とても考えられないし
さくらにはこれまでの分ももっともっと側にいて甘えさせてやりたい。

夜、短時間のアルバイトをすることにしました。
幸い17年ほど前にお世話になったお店のママが、私の勝手な申し出を快く受けて下さいましたので
躊躇する間もなくとんとん拍子に物事が決まっていきました。
午後8時から12時までのアルバイトなので、
さくらが退院してからもお散歩に行って、一緒にごはんを食べて、さくらがねんねしてから出かけられます。
昼間はこれまで通りのインターネット上の旅行販売、当分はこれで生計をたてていくことにしました。

同業の仲間たちからは、これまで培ってきたものを台無しにしてしまうと大ブーイングでしたが
今の私にとって、何よりも大切なのはさくらの存在、さくらと過ごす時間。
もう少し早くにその事に気付いていれば、今、さくらをこんな目に合わせずにすんだかもしれないけれど・・・
もう二度と後悔はしたくないし、さくらにこれ以上淋しい思いをさせたくない。

結婚もしておらず出産の経験もない私にとって、さくらは唯一無二の家族であり子供です。
私の一生で初めて、この手に何の疑いもなく委ねられた“命”です。
食いしん坊で何でもかんでも欲しがることも、無防備におなかを出して眠ることも、シャンプーが大嫌いで足を踏ん張って拒否することも
何もかにもがかわいくてかわいくて・・・食べてしまいたいほどに愛しい。

どうか、どうかさくらが健やかな生活を取り戻せますように・・・

コメント
この記事へのコメント
「あと1週間早くにシャンプーしていたら」。。。。。

この悔やまれる気持ちは痛いほど分かりますよ。
我が家のTAKUは口内に腫瘍が出来ていて、腫れがかなり大きくなってようやく気付きました。
後から考えれば、その2ヶ月位前から何だか口臭が酷かったし、その頃から僕が帰ってきても、玄関先に出迎えに来ず、寝て待っていることがしばしば有ったんですよ。

ホント今から考えればその頃から体力が少しずつなくなってきていたんでしょう。

もう少し早く気付いて上げたかった。。。

お仕事のキャリアは頑張ればいつかは取り戻せるかもしれませんが、命は取り返しがつきません。
出来るだけの事をしてあげてくださいね!!

PS:さくらちゃんとは関係有りませんが。僕が一番最初に正社員の職に就いたのは、旅行業界でした。
ワンコの大変さも分かりますが、そちらの大変さも想像がつきます。
良い思いも出来ますが、その分大変ですよね~~~。
2007/08/31(金) 13:46 | URL | 耕作人 #w7E8CPEA[ 編集]
心強いメッセージ、ありがとうございます。
奥様にもいっぱい勇気をいただいています。
まだまだつらい時でいらっしゃるでしょうに、本当に感謝しています。

全てが後悔ばかりで押しつぶされそうなんです。
さくらが初めて我が家に来た時には、相棒との決別も、祖母の認知症も、今の生活も全く想像もしていませんでしたから・・・
私の周りに起こった出来事の全てがさくらに影響してくるなんて思ってもみなかったから・・・

>お仕事のキャリアは頑張ればいつかは取り戻せるかもしれませんが、
>命は取り返しがつきません。
>出来るだけの事をしてあげてくださいね!!

本当に勇気づけられるお言葉です。
そんな風に誰かに言って欲しかったんだと思います。
とても、落ち着ける一言でした。
心から、ありがとうございます。

旅行業に就いていらっしゃったんですね。
それだけで、とても身近に感じてしまいます。
状況をより深く分かっていただける方が、こうしてこのブログを見て下さっていると思うだけで心強いです。
2007/09/01(土) 01:34 | URL | さくらのママ #MByLbG9.[ 編集]
さくらちゃんのみならず、
さくらのママ様、大変じゃないですか!!!!!

認知症のお祖母様も気になります。

うつで心療内科通いの身ではありますが、私は現在(70過ぎてますが)両親(父退職してますし)と同居。
一人暮らしが長かった私は、実家だというのにイマイチ馴染めず、
よく揉めたりしてました。が、うつを再発し、退職した身の上にしては恵まれた境遇でしょう。

さくらのママさんのような方の話を聞くと、自分が如何に甘ったれであるか、つくづく感じます。

最後まで気力を振り絞って生きようとしたマコを見てもそう思いました。
「強く生きろ!」と最後にマコには発破をかけられたような気がしました。

でも、さくらのママさん、出来るだけでも、無理はしないでください。
他人に任せられる部分があったら、
任せちゃって良いと思います。

復職デイケアに通っている方の中には、自分一人で抱えてしまいがちな方が多く、その結果、オーバーワークになり、休職して来院しているのです。
良い方々が多いです。

近くにいられない人間がこんな事を言っても説得力ないですが。

さくらちゃんの事以上に、ブログを読んでいて、ママさんの方が心配になりました。

とはいえ、さくらちゃんを手放すことは、かえってストレスになるかもしれませんね。考えられないでしょうし。それは非常によく分かります。
身近で頼れる方、相談にのってくれる方には遠慮なく甘えてください。

すいません。言葉がまとまりません。

2007/09/01(土) 22:12 | URL | まいまこ #-[ 編集]
まだまだお辛い時でいらっしゃるのに、お心づかい本当にありがとうございます。

認知症の祖母は、ありがたいことに発症よりあまり進行もしていないので、徘徊や悪食などの危険行動に及ぶことなく、今日に至っています。
ここの所、さくらにかかりきりで祖母のお世話がおざなりになりがちで申し訳ないと思っています。

実の母が全面的に協力してくれるので、本当に助かっています。

ご心配くださり本当にありがとうございます。

元々、強気すぎて頑張り過ぎしてしまう傾向があり、何度か身体を壊したこともありました。
まいまこさんのアドバイス忘れずに、コントロールしながらやっていきますね。

そんな風に誰かから「頑張ってるんだね。頑張りすぎないで!」って言ってもらえることが、これほどにまで癒されるなんて思っていませんでした。
本当に本当にうれしいコメントをありがとうございます。
2007/09/01(土) 23:14 | URL | さくらのママ #MByLbG9.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakurabowwow.blog116.fc2.com/tb.php/36-2334855f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。