2回目の金曜日!

ここでは、「2回目の金曜日!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ちに待った金曜日。一人290kmドライブはとっても淋しいけれどあと少しでさくらに会えると思えばワクワク!
近況の報告をいただいて病院を後にしたのは午後6時。まだ明るいからどこかでお散歩しようね!

0831-1.jpg

ニコニコ笑顔だけど、まだ腕の手術後2日しか経ってないのだし絶対に痛いはず・・・(足、ひこずってるし・・・)

M先生に、傷口はもう乾いているので包帯&テーピングはかいたり噛んだりしないためですから
もしずれてしまったら、ご自宅で包帯など巻きなおしてもらっていいですよ!と言われてたが
病院を後にして30分後にはすでに傷口が出てきてしまった(汗)

0831-2.jpg


こんなに大きな傷なのに、きっとすっごい痛かったのに、泣かずに頑張ったんだと思うと改めて涙がにじんでくる・・・


長距離ドライブに疲れないように、途中3回短いお散歩をして、やっとおうちにたどり着いたのは午後10時前。
途中でおやつに大好きな“かぼちゃ”を食べただけでおなかはペコペコ。
まずはベッドの様子(位置とにおい?)を確認だけしたら、キッチンに直行!(笑)
お出かけグッズのお片付けをしてるママに「早く!早く!」と急かしたてて、慌ただしく晩ごはん。
食べ終わるや否や、まさに秒殺!バタンキューzzz やっぱり疲れてたんだよね・・・

0831-3.jpg


いつもの様に長~くなって眠るさくらは身体中が痛々しい(涙)
環境の変化のストレス(?)で炎症をおこしてしまった左肩と、放射線治療のためのマークが施された胸部。
(良性と思しき)腫瘍を摘出した直後の左肘の大きな傷跡・・・

そんな姿を見ていると、再びみたびと不安になる。
私の決断は間違ってなかったのだろうか?このままメスを入れることなく自然に任せた方が良かったのじゃないだろうか?

先週金曜日(8/24)、南動物病院M先生より放射線治療の様子の画像を頂いた。
私が、施設、治療の様子をとても気にしていたからだと思う。
1週間この画像を見ながら、毎日午後になると(放射線照射は毎日13時~16時の間に行われます。)胸の前で指を組んだ。
ちなみに私は無宗教です。ただ、藁にもすがりたい気持ちは自然と胸の前で指を組ませました。

housyasen2.jpg

housyasen1.jpg
(〔注〕画像の公開については許可をいただいております。)



片道290kmの道のりは決して楽ではないし、高額な医療費も応える。
だけど、この病院に決めて良かったと思うのは、やはり毎日の電話連絡にしろ、この画像の提供にしろ、
神経質になってあれもこれもと不安を抱える無知な私にも、真摯に丁寧に対応し不安を和らげて下さるスタイルと
何よりも本当にさくらの事をかわいがって下さっているであろう様子。
(様子っていうのはとてもアバウトですが、M先生がさくらについて語る際に使う言葉の一つ一つや
さくらがM先生に対する目線や対応などでそんな風に感じます。)


【ちょっとうれしかったこと】
M先生との接見後に受付で経理的なお話をしている時のこと。
さくらは私の足元にお座り(もどき)、ふと見ると傍らに立つM先生がさくらにとても優しい微笑を向けていてくれたこと。
その微笑の意味は分かりませんが、とても眼差しが優しくてさくらをとても大切に思って下さっている様な気がしました。
(いつもは情緒不安定なママとの対応なので、とっても厳しい表情です。)
「いっぱいママに甘えておいでね!また月曜日から頑張ろうね!」っていう様なアイコンタクト(だといいなぁ・・・)!?


コメント
この記事へのコメント
親(飼い主)と病院の関係って大切だと思います。
大事な子供の命を預けるんですもん。
信頼できるお医者が見つかった・・・
これは、さくらちゃんとママさんの
運の強さかも知れません。
今まで、たくさん辛いことやしんどいことを
乗り越えてきて、これからも乗り越えて
いかんとアカンけど・・・
全て良い方向に進んでいきますように。
2007/09/01(土) 06:03 | URL | ぴぃ #tyfuqQds[ 編集]
病院に対し、信頼が持てるのはいい事だと思いますよ。
うちの場合は最後に不信感100%で、後悔に次ぐ後悔の連続でしたから。

【そんな姿を見ていると、再びみたびと不安になる。
私の決断は間違ってなかったのだろうか?このままメスを入れることなく自然に任せた方が良かったのじゃないだろうか?】・・・・・これはうちの場合も悩みどころでした。
さくらちゃんの体力を見ながら、しつこい位に先生とじっくり相談してください。


2007/09/01(土) 13:58 | URL | 耕作人 #w7E8CPEA[ 編集]
いい先生でいい病院でフォーローがしっかりしていていいですね
飼い主の預けることへの不安を少しでも軽くしてくれる心遣いがうれしいですね
なかなかないですよ・・・
2007/09/01(土) 14:53 | URL | DOGLAB #-[ 編集]
みなさんのHP、ブログを拝見いたしまして、いろいろな情報をいただきましたし、
温かいコメントでどれほど励まされたか分かりません。
本当に感謝を表す言葉に「ありがとう」しかないのが歯がゆいくらいにみなさんには感謝しています。

>ぴぃ様
「信頼できるお医者が見つかった・・・」
本当にそう思っています。
もちろん、さくらのいないウィークディは淋しくはあるけれど、
最初に比べると、こと心配っていう面においては
ずいぶん軽減されました。

>耕作人様
TAKUちゃんがお亡くなりになった後の奥様の行動には感動しました。
もちろん、それでTAKUちゃんが戻ってくるわけではないけれど
TAKUちゃんを思うが上の素晴らしい行動であったと感じます。
なかなか誰にでも出来ることじゃないですし、TAKUちゃんへの深い深い愛情が伝わってきました。

本当に病院(医師)って千差万別だと、つくづく思います。
もちろん器材的な問題もありますし、医師の経験値や人柄なども。

さくらの現在通っている病院でも、「えっ?」って思う先生を見かけたことがあります。
とても些細なことですが、とても大きな音をたててバンッと乱暴に扉を閉じ、診察台をこれまた乱暴に拭いていらっしゃいました。
音に敏感なわんにゃん達に相対する行動では決してないと、少し悲しい気持ちがしました。
きっと、その先生も悪気があった訳ではなく、たまたまなのか、くせなのか・・・
ただ母としては、あの先生が担当でなくて良かったと思ってしまいました。

>DOGLAB様
本当に、病院&先生の心遣いがありがたいです。
M先生は、私の事を「飼い主さん」ではなく「お母さん」って呼んでくれます。
また、イロイロな症例のお話を聞く際にも「犬」という言葉はめったに使いません。
医療業界的には、全く意味のないことかもしれませんが
我々にとっては本当にありがたい配慮でうれしいです。
2007/09/01(土) 22:56 | URL | さくらのママ #MByLbG9.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakurabowwow.blog116.fc2.com/tb.php/37-e90d2865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。