セカンドオピニオン

ここでは、「セカンドオピニオン」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片道4時間の道のりは、いくらドライブが好きなさくらでも、やっぱりきついんやろうな・・・
だいたい途中で2~3回の小休憩を挟むんだけど、その度におおはしゃぎのさくら。
月曜日の朝は、はしゃぎすぎて喉が渇いてもお水も飲ませてあげられないし・・・(前日の夕食以降は絶食、朝6時以降は絶水です。)
これまでは、楽しい♪うれしい♪遊びに行くためのドライブだったのに、今ではほぼ通院専用(´・ω・`)
大好きなドライブが嫌いになってしまわないか、ちょっと心配なママなのです。
0903-1.jpg
疲れるし、寝とき寝とき!



ママの愛車サーフくんの燃料(軽油)満タンにしても三重県まで往復は出来ません。
なので出発前に岡山で満タンにして、伊賀市でさらに満タンにして帰ります。
いつも同じガソリンスタンドに行くので、お姉さん方ともすっかり顔なじみです(笑)
(トラックや社用車ならともかく、週に2回も燃料を入れに来る他府県ナンバーの乗用車は確かにちょっと目をひくんやろ~な~。)
0910-1.jpg
みんなほめてくれてるのに、あさっての方見て・・・(;´д` )




~胸部の「肥満細胞腫」について~
 毎日3グレイずつ照射しています。
 トータル50グレイ以上が有効照射量とのことなので
 最低17回照射、望ましくは19回照射とのこと。
 本日(9/10)現在で15回(45グレイ)照射完了しています。



~肘部の「神経鞘腫」について~
 毎日4グレイずつ照射しています。
 トータル50グレイ以上が有効照射量とのことなので
 最低13回照射、望ましくは15回照射とのこと。 
 本日(9/10)現在で4回(16グレイ)照射完了しています。 



~8/26に更新した「不安はつきず・・・」で書いた、脾臓の影について~

 〔8/20 CT検査(コンピューター断層撮影)により発見された腫瘍と思しき影について
 ・腫瘍らしくみえる(核らしきものが見受けられる。)とのこと。
 ・摘出する以外に、それが何かをハッキリと知る手段はないとのこと。
  (開腹し細胞を取得することも出来なくはないが、確実に細胞が取れる可能性も低い上、開腹手術のリスクも伴う。)
 ・また脾臓に関しては、腫瘍のみを摘出することは不可能で、摘出となると脾臓ごと摘出するとのこと。

 〔今後の治療について
 ・摘出し病理組織検査に出す。(何であったかが確実に分かる。)
 ・定期的にエコー検査(超音波検査)、CT検査を行い動向を注意深く観察する。
  (必要に応じ手術、化学療法など)


正直、ものすごく悩んでいます。ここ数日まともに寝られていません。

脾臓は「血液や免疫を蓄えるための臓器」だとM先生が教えてくれました。(M先生の受け売りです。不勉強ですみません。)
出血が激しい時などに、脾臓に蓄えられた血液が利用されるそうです。
脾臓を摘出してしまっても、その分、他の臓器が頑張ってくれるし、命に関わるような障害をなす訳ではないとのこと。

ただ、これはあくまで私の主観ですが、今、脾臓を摘出するのはあまりに乱暴な気がするんです。
悪いかどうかも分からないのに、「悪いかもしれないから、とりあえず取っちゃいましょう。」ってスタンス?
(きっと、そんな軽々しいものじゃないってことは分かってるんですけど、どうしてもそんな感が否めなくて・・・)
もちろん、外科手術をなるべく避けたいとの思いが大いに作用しているんだとは思いますが・・・

初回、胸部の肥満細胞腫の摘出手術後のさくらの痛がり様を見ていると、本当にかわいそうで
きっとさくらにしてみれば、何が何だか分からないまま大嫌いな病院に連れて行かれて、ママはいなくなって
これまた大嫌いな注射を打たれて意識がなくなって、ふと気がつくと痛くて痛くて痛くて痛くて痛くて・・・・・
一体これなんなん?なんでこんな目に合されたん?ママはどこいったん?あたしどうなるん?って、泣き叫びたい気持ちだったと思う。

そんなことを考えると、どうか外科手術だけは避けたい。と思えてしまって仕方がない。


第2選択肢の「動向を観察する」については、定期的にエコー検査やCT撮影をし、
腫瘍と思しき影の大きさについて観察するということになると思います。
ただ、これについても今回の肘の腫瘍のことがあるので、大きくもならないし何でもなかったのかな?なんて放置しておいて
数年後に実は悪性腫瘍でした。あ~あの時に摘出してれば・・・なんてこともなきにしもあらずで・・・

(「良性の腫瘍と考えられる」との組織検査報告により、動向観察しつつ(大きさがほぼ変わらなかった。)3年間放置してきた。)
蓋を開けてみれば「悪性腫瘍」だった訳で、大いに後悔をしています。
3年前(2004.08.11)の「組織検査報告書」には確かに「血管外膜細胞腫もしくは血管由来の良性の腫瘍性病変」と記載されています。
3年間で違うものになってしまったのか、当時の認識が甘かったのか、結局、今となっては分かりませんが
もし3年前のあの時に摘出をしていれば、もっと簡単な治療ですんだかもしれない・・・
「ガン」という病気への認識も早くから高まり、生活その他諸々気を付けて今回の「肥満細胞腫」に至らなかったかもしれない・・・
「しれない」「しれない」「しれない」「しれない」・・・・・・・・・・
何も確定的なことはないけれど、「・・・しれない」と思ってしまう限り後悔はとめどなくて・・・

話がすっかり脱線してしまいましたが、結局現状ではどうするべきか決めることが出来ずに回答を延期しています。
(摘出となっても、そのための開腹部分が今回の放射線照射部分と重なるため、
 放射線治療完了後1~2週間後の手術となりますので、まずはゆっくり考えてみて下さい。とのこと。)
ちなみに、M先生に「先生の愛犬でしたら、先生はどうなさいますか?」と訊ねてみました。
M先生は少し考えた後に「僕だったら摘出すると思います。」と答えて下さいました。

考え考え考えあぐねた結果、セカンドオピニオンをとりたいと思います。
今週中にも再度CTを撮るとのことでしたので、その後セカンドオピニオンをとりたいと伝えました。
元々通っていた地元の病院から、セカンドオピニオンとしての南院長先生の意見をと門をたたいた「南動物病院」です。
再度、セカンドオピニオンを希望することになるとは思ってもいませんでしたが
摘出するべきか、動向観察するべきか、イロイロな先生にぜひとも意見を聞いてみたいと思ったのです。



本日はお会い出来なかったので、M先生宛てにお願いのお手紙を託してきました。
(JPG変換していますので読みづらいですが・・・)
もちろん、この手紙に対する回答、意見はまだいただいておりませんし、
診察を受けたいと考えている3病院についても、セカンドオピニオンとしての診察が可能かなど未確認です。
何よりも、今週のCTの結果を見てからということにはなりますが・・・・・

どうぞ、このブログをご覧になっていただいているみなさまにもぜひともご意見をお伺いしたいと思います。
もちろん、何が絶対に正解なんて答えがないことはよくよく分かっています。
「私ならばこうする。」「うちのわんこにならばこうしたい。」などの意見でOKなのです。
一人でも多くの方の意見を聞かせていただき、参考にさせていただきたいと心より願っています。
一人では何も決められない、本当に情けないママです。どうか、どうか知恵をお貸しください。


(長々と構成もままならない文章、最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。)





人気ブログランキングに登録しています。
より多くの方にこのブログを見ていただき、広くこの病気を知ってほしいと思っています。
願わくば、健気に闘うさくらを一人でも多くの方に応援してほしいと思っています。
1日1クリックしていただけると本当にうれしいです。
  ↓↓↓
応援クリックお願いします。


コメント
この記事へのコメント
初めまして。
履歴を辿っておじゃましました。
さくらちゃん、心配ですね。
ウチのアリンダ(先代のシェパ)は、メラノーマ(悪性黒色腫)で右目を摘出し、血管肉腫で脾臓を摘出しました。
さくらちゃんの場合はよく解りませんが、セカンドオピニオンは悪いことではないですよね。
納得するまでいろいろいな先生のお話を伺ってお決めになられた良いと思いますよ。
頑張って下さいね!
2007/09/11(火) 09:54 | URL | アリちゃんの兄貴 #JalddpaA[ 編集]
こんにちは。
ご来訪&コメントありがとうございます。
寝られないもので、夜な夜なブログめぐりが習慣となってしまっています^_^;
素通りで失礼いたしました。

心強いコメント、本当にうれしく読ませていただきました。
みなさまのコメントの数だけ勇気をいただいている気がします。
2007/09/11(火) 13:39 | URL | さくらのママ #MByLbG9.[ 編集]
ご訪問ありがとうございました。
さくらちゃん、可愛いですねぇ~。
けなげに頑張っている様子が判ります!
家は、猫で糖尿病・・毎日自宅でのインスリン注射で
なんとか頑張ってます。
発病以来の病院には大変お世話になったにもかかわらず、
熱血獣医さんとは衝突することもあり、、
セカンドオピニオンが上手く出来れば
理想的なんでしょうね。
悩むお気持ちよく解ります。
私の場合は、とにかく主治医を信じよう!と今は思っていますが。
さくらちゃん、大事にされて幸せ☆
頑張ってくださいね!!
2007/09/11(火) 15:39 | URL | 猫ねこりん #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/11(火) 16:33 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/11(火) 20:31 | | #[ 編集]
さくらちゃんのことを、この世で一番理解してるのは
ママさんだと思います。
さくらちゃんのことを一番思っているのもママさんのはず。
そのママさんが納得いかないのであれば、
やっぱり納得のいくようにするのが正解ではないでしょうか。
良いことばかりではないかも知れませんが、
頑張って下さい。
2007/09/11(火) 21:56 | URL | ぴぃ #tyfuqQds[ 編集]
猫ねこりん様

ご来訪&コメントまことにありがとうございます。
お伺いしたのに、ご挨拶もなく素通りで失礼いたしました。
そうですね。主治医はやはり信頼関係の持てる方が良いと私も思います。
応援、本当にありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いします。


ぴぃ様
理屈ではよくよく分かっていても、心情的にどうしても抵抗を感じてしまって・・・
セカンドオピニオンは1施設ではなく、3施設にお願いしたいと思っています。
1.岡山県では有名なガンの専門病院(オルソボルテージ治療機設置)
2・元々通っていた病院のグループ医院で若きガンの専門医のいる病院
3.ガンの専門ではないですが、町医者として非常に評判の高い病院。
2007/09/12(水) 00:56 | URL | さくらのママ #MByLbG9.[ 編集]
セカンドオピニオン ワタシはよいコトだし
少しでも迷ったらするべきと思います
昔と違い
今は2~3の行きつけの病院があるのも多いらしいです

うちは2病院行きました
そして2軒めで これからお世話になります

ワンちゃんへの対応もモチロン大事ですが
色々と決定するのはヒトなので
ワタシ達に分かるまで丁寧に説明してくれるトコロが
うちの基準となりました

引き続きお大事に!
2007/09/12(水) 01:41 | URL | ぼんそ #-[ 編集]
ありがとうございます。
お返事遅くなりごめんなさい。
更新記事でも書いた通り、それどころではなくなってしまって・・・

>ワタシ達に分かるまで丁寧に説明してくれるトコロが
>うちの基準となりました。

本当にそうですね。
なかなか専門用語は分かりづらく、特にはじめ一つの病変については、これでもかってほど調べてはいたんですが、うちの子みたいに次々に新たな病変が見つかると、とてもついていけなくて・・・

応援、本当にありがとうございます。
どれほど、励まされているか分かりません。
2007/09/13(木) 22:20 | URL | さくらのママ #MByLbG9.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakurabowwow.blog116.fc2.com/tb.php/46-e40f0855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。